FJM、Windows Server 2012 R2での仮想化環境活用サービスを強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


FJM、Windows Server 2012 R2での仮想化環境活用サービスを強化


掲載日:2013/11/26


News

 株式会社富士通マーケティング(FJM)は、Windows Server 2012 R2に対応し、同社が従来提供している「AZSERVICE(アズサービス)」のサービスの機能強化とラインナップの拡充を図り、12月に提供開始する。

 今回の強化/拡充では、Windows Server 2012 R2で強化されたサーバ仮想化とストレージの機能を採用し、中堅中小企業のユーザにニーズが高いサーバ最適化と安全などをテーマに「AZSERVICE」の4つのサービスメニューを強化。また、既存のバックアップファイルを同社のクラウド環境で運用することで、事業継続を簡単に行なえる「AZCLOUD(アズクラウド)バックアップ」を新たに提供する。

 機能強化される4つのサービスメニューは、「Hyper-V構成済アプリケーション(VHD)」「仮想化ベーシックセット」「スマートレプリカDRサーバセット」「AZCLOUDサーバレプリケーション」で、仮想化環境を容易に構築できるようになるとともに、仮想化技術を活用した事業継続対策を安価で簡単に行なえるようになる。価格はそれぞれ、32万円から、72万円から、140万円、月額7万9800円から。

 「AZCLOUDバックアップ」は、バックアップ先にOSとバックアップソフト設定済みのNASを追加で設定することで、データを自動的にクラウド環境へバックアップできるようになるサービス。

 通信がSSLで暗号化され、更にクラウド上に保管するデータそのものも暗号化されるため、セキュリティを確保でき、自然災害時にNASを紛失/破損した場合のデータ復元を支援することで、最低限データだけはクラウドへ退避したいというニーズに対しリーズナブルに対応できる。

 「AZCLOUDバックアップ」の価格は、初期費用が39万9000円、月額6980円から。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他サーバー関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他サーバー関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他サーバー関連」関連の製品

監視・ログ管理サーバ GAZERシリーズ 【インフィニコ】 物理サーバの導入に関するアンケート 【ユニアデックス】
その他サーバー関連 その他サーバー関連
記憶装置にフラッシュメモリを使用しディスクレス、ファンレスのスピンドルレス設計で安心の監視・ログ管理サーバ。故障機器を自動認識する「FaultLocator機能」搭載。 抽選で5名様に5000円分商品券★「物理サーバ」関連のアンケート

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052097


IT・IT製品TOP > サーバー > その他サーバー関連 > その他サーバー関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ