採用:東京臨海ホールディングス、SBMの無線LANスポットを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:東京臨海ホールディングス、SBMの無線LANスポットを採用


掲載日:2013/11/25


News

 ソフトバンクモバイル株式会社(SBM)と株式会社東京臨海ホールディングスは、国内外からの観光客の受入環境の充実、利便性・快適性の向上、臨海副都心地域の活性化などを目的に、同エリアの利用客がインターネットを無償で利用できるよう整備を進めている無線LANスポット「東京お台場FreeWiFi」の提供を開始した。

 臨海副都心有明南地区(有明フロンティアビル前および東京ビッグサイト前)からサービスを開始し、2013年度末までに臨海副都心台場、青海地区へ利用できるエリアを拡大する予定であると伝えている。

 同サービスは、SBMが設置している「ソフトバンクWi-Fiスポット」を利用したサービスで、利用客が手持ちの携帯電話(無線LAN機能を搭載したスマートフォンやタブレット端末など)を利用してメールの送受信やインターネットへの接続が無償で利用できるようになり、ビジネスや観光のみならず災害発生時における情報収集の手段として、携帯電話を活用できるようになるとしている。

 なお、同無線LANスポットは、SBMを利用の顧客には、駅や空港、カフェなどを中心に全国で利用できる、「ソフトバンクWi-Fiスポット」として利用できると伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「モバイル通信サービス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「モバイル通信サービス」関連情報をランダムに表示しています。

「モバイル通信サービス」関連の製品

法人MVNOサービスの実態を解説。データシェアやM2M対応が主流に 【ニフティ】
モバイル通信サービス
気になる法人MVNOサービスの実態を解説――データシェアやM2M対応が主流に

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052076


IT・IT製品TOP > 通信サービス > モバイル通信サービス > モバイル通信サービスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ