ロジテックINA、Windows Storage Server2012 R2搭載1u NASを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ロジテックINA、Windows Storage Server2012 R2搭載1u NASを発売


掲載日:2013/11/25


News

 ロジテックINAソリューションズ株式会社(ロジテックINA)は、1uラックマウント型のNASで、Windows Storage Server 2012 R2 Workgroup Editionを搭載した「LSV-5S4RKW」シリーズと、同Standard Edition搭載の「LSV-5S4RKS」シリーズを12月下旬に発売する。

 いずれも、OSにWindows Storage Server 2012 R2を搭載しているほか、SMB3.0を搭載し、Windows 8.1といったクライアントOSと高速データ転送を行なえ、Windows、Mac OS X、Linuxの各クライアントでファイル共有を行なえる。また、USB3.0ポートを2基搭載し、バックアップ時間の短縮を図れる。筐体は、幅433mm×奥行き500mm×高さ43mmで、1uタイプと薄型なので19インチラックを活用できる。

 Windows Server OS搭載ながら、クライアント数に応じたCAL(クライアントアクセスライセンス)の用意は不要で、登録可能なグループ数、共有フォルダは、理論上無制限。Active Directoryに対応し、Windowsドメインの環境に参加でき、ドメイン参加ユーザに対してアクセス権を設定できる。また、ウイルスチェックやストレージ管理に関するアプリケーションをNAS本体内にインストールできる。

 容量3TBのHDDを4台搭載し、出荷時状態でRAID 5を構成しているため、1台のHDDに障害が発生してもデータへのアクセスを維持できるほか、ホットスワップに対応し、故障発生時にもシステムの停止不要でメンテナンスできる。HDDには信頼性に優れた、ウエスタンデジタル製の「WD Red」を搭載しているほか、フリービット製の「ServersMan@CAS」を標準搭載し、iPhoneやAndroid端末から同製品にアクセスできる。

 オレガ製のディスク仮想化ツール「VVAULT Basic」を標準搭載し、拡張バックアップユニットの容量統合や、簡易レプリケーションなどを行なえる。また、障害やイベントのメール通知機能や、省電力化を図るための電源管理など、Windows Storage Serverで未サポートの管理機能が「ロジテックツール」として追加されている。

 ギガビットイーサネット(1000BASE-T)対応LANポート×2、デュアルコア高速CPU、大容量メモリ4GBを搭載し、高速データ転送を行なえる。UPSやバックアップユニット接続用のUSB2.0ポートを搭載し、停電時にNASの“シャットダウン処理”を自動的に実行できる。また、システムリカバリDVDが標準添付されているほか、保証期間は3年間。EUの“RoHS指令”に準拠している。


出荷日・発売日 2013年12月下旬 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】 10ベイ NASサーバ AS7010T 【シー・エフ・デー販売】 x86サーバで徹底検証 NVMe対応SSDで実際にどこまで狙えるのか? 【レノボ・ジャパン】 HDD並みの価格で実現するオールフラッシュストレージの4つの効果 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 カゴヤ・ジャパンのVPSサービス、ユーザーを急増させたSSDとは? 【PALTEK】
NAS NAS NAS NAS NAS
フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。 大容量で高い性能でありながら、非常にコンパクトなサイズで低価格であるため、大企業のみならず中堅・中小レベルでも導入しやすいNAS。 x86サーバで徹底検証、NVMe対応SSDで実際にどこまで狙えるのか? 導入前に知っておきたいオールフラッシュストレージの4つの効果 データセンター事業者に選ばれるSSD、その条件とは? 選定のコツを伝授!

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052070


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ