コアマイクロシステムズ、150万IOPS超の半導体ストレージを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コアマイクロシステムズ、150万IOPS超の半導体ストレージを発売


掲載日:2013/11/22


News

 コアマイクロシステムズ株式会社は、150万IOPS、毎秒20GBを超えるランダムI/O性能を備えた半導体ストレージ「Super SSD FLEX(G3)」を発売した。価格はオープン価格。

 「SuperSSD Flex」は、RAM SSD/SLC Flash SSD/eMLC Flash SSD/MLC Flash SSDに対応できる柔軟な半導体ストレージ装置。各種のホストアプリケーション(DB/OLTP、BI/DWH、Hadoop、VDI、VMware/Hyper-Vなど)に適した特性のSSDストレージシステムとして選択/構成でき、コストパフォーマンスの向上を図れる。

 今回発売された「Super SSD FLEX(G3)」は、DRAMキャッシュは最大で768GB、SSD容量は最大で38.4TBまで対応できる。Flash SSDデバイスはRAID保護とホットスワップに対応している。B+TREEアルゴリズムを用いたフル連想記憶型のインテリジェントキャッシュメカニズムを備え、様々なI/Oインテンシブアプリケーションに対して連続したランダムI/O性能を提供できる。また、6G WIDE SASマルチホストインターフェースに対応し、DAS接続からSAN接続まで様々な接続形態に対応できる。消費電力も抑えられている。キャッシュデータは専用UPSでバックアップできる。


出荷日・発売日 2013年11月21日 発売
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

予算不足や環境変化など「ミッドレンジITの4課題」はストレージで解決できる 【Dell EMC】 “匠の技”を必要としない自動運用――次世代インフラを支えるストレージとは? 【三井情報+他】 これからのオールフラッシュアレイはどこで差がつく? 選定時に注目すべき機能 【Dell EMC】 I/O性能が課題のシンクライアント環境を改善する、高速ストレージ基盤とは 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュ時代が本格到来 コスパと品質を備えたラインアップとは 【Dell EMC】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連
予算不足や環境変化など「ミッドレンジITの4課題」はストレージで解決できる もはや“匠の技”は必要ない? 次世代インフラに最適なストレージ運用とは これからのオールフラッシュアレイはどこで差がつく? 選定時に注目すべき機能 I/O性能が課題のシンクライアント環境を改善する、高速ストレージ基盤とは オールフラッシュ時代が本格到来 コスパと品質を備えたラインアップとは

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052063


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ