データアーティスト、東京大学とLPO施策のための共同研究を開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


データアーティスト、東京大学とLPO施策のための共同研究を開始


掲載日:2013/11/22


News

 データアーティスト株式会社は、東京大学工学系研究科総合研究機構イノベーション政策研究センターと、 LPO(Landing Page Optimization)においてマーケッターの視点からコンテンツの改善案を導き出すフレームワークを構築するための共同研究活動を開始したと発表した。

 データアーティストによると、LPOはインターネット広告の効果測定に対するニーズ、また費用対効果の頭打ちによる集客後の施策に対するニーズの高まりを背景とし、サイトコンテンツの価値を向上させインターネット広告の費用対効果を高める目的で業界に広まったが、大きくは2つの流れを汲んで今日まで発展してきた。1つ目はA/Bテストを始めとするテストを中心とした流れ、2つ目はユーザの興味に応じて表示するコンテンツを切替えるターゲティングを中心とした流れであるという。これらを支えるものは計測や施策を実行するための技術であり、これまでのLPOは技術の発展が先導してきたとしている。

 同社は、技術の先導で発展してきたLPOからはマーケッターの視点という重要な観点が抜けているとし、これからのLPOには、計測すべき重要な指標を発見し、どの層に向けてどのようなクリエイティブを表示すれば効果を高められるのかまでを含んだ理論の構築が不可欠だと伝えている。

 同研究では、俗人的な傾向のある効果的なクリエイティブ作成のノウハウを、理論として確立し広くスケールするため、LPO施策における仮説構築のフレームワークを作ることを目的としているという。フレームワークに当てはめて個別の企業・商材の情報をインプットし特定のオペレーションを実施することで求める粒度の改善案を導き出せれば、業界全体の平均として得られる学術的知見ではなく、その企業に特化した“今まさに何をすべきか”という実践までの示唆を与えることができ、インターネット広告の費用対効果を高めるというLPOの力を最大限に活用できる環境が整えられるとしている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

サイバーリスク保険 【ファーストプレイス】 サイバーリスク保険 【ファーストプレイス】 ビジネスチャンスをつかむ糸口、「名刺」の正しいデータ活用法 【サンブリッジ】 「どこでも働ける」環境は損か得か? 調査で分かった間違えた思い込み 【ポリコムジャパン】 あらゆるリソースを自由に組み替えられる「コンポーザブル・インフラ」とは? 【日本ヒューレット・パッカード】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 SFA テレビ会議/ビデオ会議 垂直統合型システム
費用対効果で見るサイバー攻撃対策、リスクゼロを目指すよりも確実な選択肢は? IT事業者が損害賠償請求された場合、保険加入でどこまで補償されるのか? ビジネス活動の糸口となる名刺。社内共有の取り組みが盛んになってきたが、そこで満足する企業も多い。本来の目的である営業活動の最適化、売り上げ拡大に必要な視点とは。 「どこでも働ける」環境は損か得か? 調査で分かった間違えた思い込み あらゆるリソースを自由に組み替えられる「コンポーザブル・インフラ」とは?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052048



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ