DNP、フォトロニクス子会社と台湾でフォトマスク事業を統合合併

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DNP、フォトロニクス子会社と台湾でフォトマスク事業を統合合併


掲載日:2013/11/22


News

 大日本印刷株式会社(DNP)は、米Photronics,Inc.(フォトロニクス)と、台湾における両社子会社によるフォトマスク事業を統合させ、DNPの子会社であるDNP
Photomask Technology Taiwan Co.,Ltd.(DPTT)を、フォトロニクスの子会社であるPhotronics Semiconductor Mask Corp.(PSMC)に吸収合併して合弁会社を設立することについて、取締役会決議に基づき契約を締結したと発表した。

 DPTTは、DNPの台湾におけるフォトマスク製造工場として、2010年4月に稼動を開始し、
台湾国内及び東南アジア各国の半導体メーカーに対して主にロジック向けフォトマスクを供給してきたが、半導体市場の構造変化の中で、経営環境は厳しさを増しており、東南アジアを中心とした海外市場において、様々な営業体制及び製造環境の整備と安定的な販売ルートの確立が求められていたという。

 今回、フォトマスクの高度な製造技術を持つDPTTと、台湾・東南アジア市場における様々な顧客層と製品供給力に加え、メモリ向けフォトマスク製造技術に強みを持つPSMCのそれぞれの事業を統合することで、両社のフォトマスク事業の競争力強化を図ることとしたと伝えている。

 同合併は、DPTTを消滅会社、PSMCを存続会社とする吸収合併方式で実施され、合併後DPTTは解散するとしている。また、合併後、PSMCは、Photronics DNP Mask Corporationに社名を変更し、フォトロニクスが株式の50.01%を保有する同社の連結子会社となり、大日本印刷が株式の49.99%を保有する持分法適用会社となると伝えている。

 なお、合併の効力発生日は、2014年3月31日を予定しているが、台湾及びその他の国における独占禁止法上の手続などにより、同日以降となる可能性があると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

次世代事業継続ソリューション「Veritas Resiliency Platform」 【ベリタステクノロジーズ合同会社】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS」 【ジャストシステム】 ファイルサーバー管理ツール「GDMS」 【ジャストシステム】 肥大化するデータをどう対処する? ファイルサーバの課題とは 【ジャストシステム】 x86サーバのキーマンによる対談からx86サーバの魅力を解説 【レノボ・ジャパン株式会社】
バックアップサービス サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理 PCサーバ
企業に眠るデータから洞察を引き出すための4ステップ 肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」するシステム。アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化する機能も有する。 肥大化したファイルサーバの状況を「素早く可視化」し、「簡単操作で整理」できる管理システム。アーカイブやアクセス権管理機能も搭載。 肥大化するデータをどう対処する? 読者に聞いたファイルサーバの課題とは どのベンダーで買っても同じか? キーマンが語るx86サーバの今と未来
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052044



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ