提携:丸紅アクセス等、VECTANT SDM対応版セキュアブラウザ提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:丸紅アクセス等、VECTANT SDM対応版セキュアブラウザ提供


掲載日:2013/11/21


News

 丸紅アクセスソリューションズ株式会社(丸紅アクセス)と株式会社ジェーエムエーシステムズ(JMAS)は提携し、丸紅アクセスが提供するクラウド型スマートデバイスマネジメントシステム(MDMサービス)「VECTANTセキュアデバイスマネージメント」(VECTANT SDM)のオプションサービスとして、VECTANT SDM対応版セキュアブラウザ「VECTANTセキュアデバイスマネージメント KAITO for SDM」(KAITO for SDM)の提供を12月上旬に開始する。

 「VECTANT SDM」は、“コンテンツ(データファイル)配信機能”や“VPN機能”を備え、スマートデバイスを業務活用するためのMDM(Mobile Device Management)。今回、JMASの提供する高機能セキュリティブラウザ「KAITO」と連携することで、従来以上に強固なセキュリティ対策を図れる。また、「KAITO」は、クライアント証明書のサポート、URLフィルタリング機能、高度なセキュリティ機能(通信履歴/キャッシュ/クリップボード/JavaScriptなどの抑止機能)を備えている。

 今回、「KAITO」のフル機能を「VECTANT SDM」上で利用できる「KAITO for SDM Secure」と、証明書機能とプロキシ設定に特化した「KAITO for SDM Standard Plus」の2ラインアップが用意され、セキュリティ対策へのハイレベルなニーズに対応する。

 「VECTANT SDM」の配布機能を利用して、簡単で安全に「KAITO for SDM」にクライアント証明書を一括配布できる。スマートデバイス管理者は、「KAITO for SDM」へのクライアント証明書設定を利用して、社内システム(サーバ)へのアクセスを特定の端末にのみ許可できるほか、Proxyサーバ情報を「VECTANT SDM 管理コンソール」で「KAITO for SDM」に一括設定することもできる。また、社内ネットワーク内にProxyサーバを設置している場合、スマートデバイスからのWeb閲覧をProxyサーバ経由で行なうよう制御できるため、社内システムはVPNネットワーク上でのアクセス、インターネット上のWeb閲覧はProxyサーバを経由するといった運用を、スマートデバイス端末を対象としても行なうことで、管理者の意図しない外部サイトの閲覧防止を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「MDM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「MDM」関連情報をランダムに表示しています。

「MDM」関連の製品

NECのクラウド型MDM 「スマートデバイス管理サービス」 【NEC】 モバイルPC 盗難・紛失対策サービス 【日立ソリューションズ】
MDM MDM
スマートデバイスを業務利用している企業の声を反映したクラウド型MDMサービス。端末ロック、グループ単位でのアプリ配信、インストール制御など企業に必要な機能が充実。 モバイルPCに対してリモートロックやリモートワイプ等によるセキュリティ対策を提供。盗難にあったPCの回収支援も行う。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052027


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > MDM > MDMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ