マカフィー、セキュリティイベント管理製品の日本語新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マカフィー、セキュリティイベント管理製品の日本語新版を提供


掲載日:2013/11/21


News

 マカフィー株式会社は、インテリジェントなセキュリティ状況分析とイベント管理をリアルタイムに行なうことで、新たな脅威からシステムを保護する「McAfee SIEM」(SIEM:Security Information and Event Management)の日本語版バージョン「v9.3.1」の提供を11月25日に開始する。

 「McAfee SIEM」は、イベント/ユーザ/システム/データ/リスク/対策に関する情報を迅速に提供することで、組織内の情報共有と活用の促進を図れるほか、グローバルで発生している脅威状況をも関連付けることで組織的なセキュリティ対策を積極的に支援する。攻撃を特定するため、個々の情報を関連付けて状況を明確化することで、脅威とリスクを把握して迅速な対応を図れ、日々発生するセキュリティ警告から重要なものをインテリジェントに優先順位づけできるようにする。また、速度と性能に優れ、実用的なセキュリティ情報をリアルタイムで提供する。

 大容量のセキュリティデータを処理するために開発された拡張可能なDBを備え、1日に数十億件のイベントを処理できる上、それらのイベントを脅威、対策、ユーザのID情報と結びつけ、正確で実際の対策に活用できるインテリジェンスを提供できる。また、Global Threat Intelligenceとの統合で、リアルタイムなレピュテーション情報とセキュリティイベントを関連づけられ、ユーザが自動的にプロービングやアクティブな攻撃を特定することを支援する。

 McAfee Risk Advisorとの統合で、リスク、脆弱性、対策のコンテキストを利用して正確なリスクスコアを提供でき、ターゲットのセキュリティ状態に応じて、対策を優先順位づけできるように支援する。また、McAfee Network Security PlatformやMcAfee Vulnerability Managerとの統合で、相関エンジンを活用して、速やかに脅威や脆弱性を識別して対応でき、同社製品にポリシーコマンドを自動送信でき、監視に加え自動型インシデント対応プラットフォームに進化させられる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

ビジネスの成長を加速するデジタルワークスペースの作り方 【ヴイエムウェア】 デバイスの利用禁止/接続先ネットワークの制限 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】 MDMの不足をどう補う? モバイルセキュリティに必須の補完テクノロジーを解説 【シトリックス・システムズ・ジャパン】 「デジタルワークスペース」が安全な働き方改革を実現する道筋 【ヴイエムウェア+他】 超高速秘密分散ソリューション 「SYMPROBUS Divide API」 【アクモス】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
IT技術者への人材ニーズが高まる一方で労働人口は減少へ向かう。人材獲得のためにも働き方改革は必須だ。組織風土とITの両面から、働き方改革を成功に導くポイントを探る。 スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限
Wi-Fi制御、VPN利用の強制
マルウェア対策製品と連携し、感染PCのネットワーク通信を自動遮断、感染拡大を防止
MDMの不足をどう補う? モバイルセキュリティに必須の補完テクノロジーを解説 働き方改革を機にリモートワークを導入する企業が増えつつあるが、ここでも課題となるのがセキュリティ対策だ。リモートワークの利便性とセキュリティを両立する手法とは。 電子ファイルを解読不能な断片に超高速で分散するクラウドAPIサービス。暗号化とは異なり、断片ファイルが漏えいしても解読は不可能。DR対策や複数人認証にも応用できる。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052023


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ