日本HP、ITインフラ全体を統合管理するプラットフォームを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、ITインフラ全体を統合管理するプラットフォームを発売


掲載日:2013/11/21


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、次世代ITインフラ実現に向けた戦略“HP Converged Infrastructure”に基づいて開発された統合管理ソフトウェア「HP OneView」を発売した。

 「HP OneView」では、サーバ・ストレージ・ネットワーク・ファシリティといったITインフラ全体を、単一の統合管理プラットフォームで管理する。HPが提供する様々なITインフラストラクチャ全体を1つのツールで管理できる上、日々の運用タスクをシンプル化・迅速化でき、管理対象を容易に拡大できるインターフェースを備えている。これにより、IT管理者の作業の簡素化、管理効率の改善、管理コストの抑制、作業ミスのリスクの最小化を図れ、管理者の代わりに自ら働くITのコンセプトをデータセンタレベルまで拡張できる。

 今回の「バージョン1.0」は、HP BladeSystemやHP ProLiant サーバ Gen8/G7向けのリリースで、特にHP BladeSystemや仮想化が前提の場合は、サーバブレードやエンクロージャーの管理からHPバーチャルコネクトの管理までを単一ツールで行なえ、一般的なラックサーバを運用する場合に比べ、3年で約42%のTCO削減を図れる。

 直感的で使いやすいWebページライクのインターフェースを採用しているほか、SNSなどのコンシューマーツールの使用感を意識した各種ツールが用意されている。ダッシュボードでは、キャパシティやヘルス状況を容易に確認できるほか、スマート検索は、管理者が求める情報のみに迅速にアクセスできる検索ボックスを備えている。マップビューでは、複数デバイス間の接続情報や相互関係を自動的に可視化できるほか、テンプレートを利用することで、各種設定・構成情報や導入手法など社内ポリシーをプロファイル化してテンプレートとして定常的に展開できる。アクティビティフィードでは、アラートやメッセージを社内SNS感覚で常時共有・記録できる。

 また、HP BladeSystemエンクロージャーやHPバーチャルコネクトの自動構成に対応するほか、仮想環境上で実行できる仮想イメージで提供され、管理サーバのインストール・構築作業が不要になる。REST APIを採用し、ユーザの独自ツールや既存の業界標準ツール、プロセスとのオープンな統合・連携を図れる。

 価格は、1サーバライセンス(3年、24時間×週7日のサポート付)で13万7000円。


出荷日・発売日 2013年11月20日 発売
価格 −−−

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

Mac管理ツール 「M2DeployTools」 【三谷商事】 データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】
その他運用管理関連 その他運用管理関連
Macの個別設定やイメージ復元、リストアを効率化するツール。Apple製品の取扱いでは25年の実績を持つ三谷商事が独自に開発・提供。 データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052020


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ