インターパーク、見込み顧客管理に部署間の営業リスト連携を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インターパーク、見込み顧客管理に部署間の営業リスト連携を追加


掲載日:2013/11/21


News

 株式会社インターパークは、受注前の顧客段階にあたる新規顧客開拓専用の見込み顧客管理システム「クラウドサービスサスケ-リード職人有料版-」で、部署間連携用の“営業リスト振り分け機能”を公開した。

 「クラウドサービスサスケ-リード職人有料版-」は、展示会/セミナーや電話営業、Webサイトからの問い合わせなど、各営業チャンネルの一元管理、進捗情報共有や、営業の効果測定を行なえるシステム。ナーチャリングやインサイドセールスといった見込み客育成に特化している。

 今回公開された部署間連携用の“営業リスト振り分け機能”は、「サスケ」内の権限設定を活用した機能で、例えばマーケティング部で育成した見込み顧客をまとめた営業リストを、営業部や営業スタッフ個人へ振り分けることができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SFA」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

「SFA」関連の製品

スタッフが情報入力し営業業務の効率化するSFA導入のポイント 【株式会社ジャストシステム】 ExcelからSFAに切り替えるべき理由を営業の視点から具体的に紹介 【株式会社ジャストシステム】 いま一度、SFAやBI導入の前に社内の営業担当者に目を向ける必要がある理由 【コニカミノルタジャパン】 見込み客を見つける鑑定眼を営業スタッフが持つために役立つSFA 【株式会社ジャストシステム】 無駄と思ってしまう日報、何のための情報共有か基本に戻り考える 【株式会社ジャストシステム】
SFA SFA SFA SFA SFA
現場の営業スタッフが使いたくなるSFAの条件 Excelをやめ、SFAに切り替えるべき7つの理由 SFAで営業最適化――。その前に担当者個人のスキル伸長をないがしろにしてはいないだろうか。AIに業務が奪われる前に“人間にしかできない営業スキル”を手に入れるには。 確度の高い見込み客を見つけ、受注に導く方程式を作る 「脱Excel」で強い営業チームを作る方法

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052018


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ