採用:インテック、フィデアHDに情報系システムインフラ提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:インテック、フィデアHDに情報系システムインフラ提供


掲載日:2013/11/21


News

 株式会社インテックは、フィデアホールディングス株式会社(フィデアHD)に対し、9月から同社の情報系システムのインフラとして「F3クラウド プラットフォームサービス」を提供開始したことを発表した。

 「F3クラウド プラットフォームサービス」は、情報システムの稼働インフラとして、仮想サーバを提供するプライベートクラウドサービス。

 同サービスは、自然災害リスクが低く、首都圏・近畿圏・中部圏からほぼ等距離の富山県富山市に位置している“インテック富山DC”を使用し、金融機関特有の高セキュリティ要件に対応している。同データセンタは、48時間の自家発電装置、6段階のセキュリティゾーン、基礎免震構造などを保持するTier水準(TierIII PUE=1.5以下)となっていて、システムの安心・安全な運用が可能になっている。

 月額課金制のクラウドサービスであるため、サーバ統合基盤を個別に構築する場合に比べて、低コストに利用できるほか、必要に応じてサーバリソースを追加できることが特徴となっている。また、24時間体制のシステムリソース監視サービス、システムデータのバックアップサービス、運用サポートサービスなどでシステム運用を支援する。

 フィデアHDは、セキュリティ向上とICT関連資産の効率化を推進すべく、情報系サブシステムを対象に、ネットワーク・アウトソーシング事業や、金融機関向けの情報系システム構築の実績を持つインテックのサービスを利用することを決定したと伝えている。

 仮想化技術を活用したサーバ統合により、少ないリソースで利用開始できること、また、月額課金制で利用できることが、自社のインフラやサーバなどのシステム資産及びそれらに係る経費の圧縮、更にシステム運用要員の削減を目指していたフィデアHDの意向と合致したとしている。

 同社は、今後5年間で情報系システムを順次、同プラットフォームサービスへ移行していく計画だと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052004


IT・IT製品TOP > データセンター > プライベートクラウド > プライベートクラウドのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ