採用:浜松市、富士通のソーシャルメディア分析ツールを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:浜松市、富士通のソーシャルメディア分析ツールを採用


掲載日:2013/11/21


News

 富士通株式会社は、静岡県浜松市の30年後の姿を定める新しい総合計画(2015年4月〜2045年3月)の策定に向け、浜松市への期待や市民の思いを発掘することを目的としたビッグデータ分析プロジェクトに参加し、作業に着手したと発表した。

 今回のプロジェクトでは、富士通の「FUJITSU DataPlaza ソーシャルメディア分析ツール」を利用し、過去の市民アンケートや市民インタビューなどを通じて浜松市が保有するデータと、Facebook、Twitter、ブログなどのソーシャルメディア上のビッグデータを合わせて分析し、市民の潜在的な期待や問題意識、市内外から見た浜松市の印象などを抽出するとしている。

 「FUJITSU DataPlaza ソーシャルメディア分析ツール」は、インターネット上に発信されるFacebook、Twitter、ブログ、掲示板などの様々なソーシャルメディアに寄せられた個人の声を、収集・分析するクラウド型のツール。時系列分析、デモグラ分析、ポジネガ分析、クラスタ分析、Twitter分析などの5つの分析手法を利用できる。

 富士通によると、インターネットの普及やコンピュータ処理速度の向上にともない、社会・経済の様々な課題解決や各種サービスの付加価値向上を目的としたビッグデータ活用が注目されている。政府の世界最先端IT国家創造宣言においても“オープンデータ・ビッグデータの活用の推進”が重要施策の1つに挙げられており、公共データのオープン化やソーシャルメディアなどのビッグデータ活用による住民サービスの向上や地域の新産業創出の検討が活発に行なわれているという。

 このような中、浜松市は、富士通と共同で9月から2014年3月まで、ビッグデータの収集と分析を実施し、分析結果を30年後の浜松市を議論する浜松市未来デザイン会議で活用して、民意に即した新しい総合計画に反映する予定であると伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ソーシャルメディア分析」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ソーシャルメディア分析」関連情報をランダムに表示しています。

「ソーシャルメディア分析」関連の製品

経験価値という感動を拡散したくなるSNSプロモーション術 【テックリンク】
ソーシャルメディア分析
顧客に「拡散」をさせるには? SNSプロモーション、徹底攻略!

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052001


IT・IT製品TOP > データ分析 > ソーシャルメディア分析 > ソーシャルメディア分析のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ