キヤノン、A3対応モノクロ/カラーレーザープリンタ計6機種発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノン、A3対応モノクロ/カラーレーザープリンタ計6機種発売


掲載日:2013/11/20


News

 キヤノンは、オフィス向け(中・大企業向け)のレーザープリンタの新製品で、A3対応モノクロ機「Satera LBP8730i/8720/8710/8710e」とA3対応カラー機「Satera LBP9660Ci/9520C」の計6機種を11月下旬に発売する。

 「Satera LBP8730i/8720/8710」は両面印刷機能を標準搭載し、「Satera LBP8710e」は片面専用機。プリント速度は「Satera LBP8730i」が片面毎分40枚/両面毎分20枚、「Satera LBP8720」が同35枚/17.5枚、「Satera LBP8710」が同30枚/15枚、「Satera LBP8710e」が片面毎分30枚(いずれもA4)に高速化されている。また、スリープモードが改善され、待機時消費電力が0.9Wに削減されているほか、データ処理解像度が1200×1200dpiに向上している。

 用紙対応力が強化されていて、最小幅76.2mmから長尺紙(297mm×1200mm)まで様々な用紙に対応している。「Satera LBP8730i」は、アプリケーションプラットホーム「MEAP ADVANCE(LBP版)」を標準搭載し、ICカードを利用した認証印刷システムの構築や、PCから送信した印刷ジョブを本体の操作パネルで選択してから印刷できる出力管理ソリューションの導入など、必要な機能をアプリケーションとして本体に追加できる。

 「Satera LBP9660Ci/LBP9520C」は、ドラム一体型トナーカートリッジ方式を採用し、トナーカートリッジを交換することで簡単にメンテナンスできるほか、トナーの交換や用紙セットなどの操作を前面から簡単に行なえる“フロントオペレーション”を採用している。操作部の液晶画面に“ワイドLCDパネル”を採用し、最大5行の文字列で動作状況を確認しやすく、作業手順もアニメーションで分かりやすくガイドされる。

 同梱トナー容量が増量されていて、従来機種「Satera LBP9650Ci」に比べ2倍以上の印刷を行なえる。プリント速度は、カラー/モノクロともに毎分31枚(いずれもA4)で、定着器を瞬時に加熱するオンデマンド定着方式を採用し、スリープモードからでも素早く立ち上がる。標準消費電力量(TEC値)1.3kWh、待機時消費電力0.9Wを達成している。

 いずれの機種も、標準装備の給紙カセット(250枚)と手差しトレイ(100枚)に加え、オプションのカセット(550枚)を最大3段装着することで、最大2000枚を給紙できる。


出荷日・発売日 2013年11月下旬 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051948


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ