事例:ワークハピネス、日本オプロのクラウド帳票サービスを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:ワークハピネス、日本オプロのクラウド帳票サービスを採用


掲載日:2013/11/19


News

 日本オプロ株式会社は、株式会社ワークハピネスへクラウド帳票サービス「OPROARTS Core」を提供した事例を発表した。

 「OPROARTS Core」は、帳票エンジンを、低価格で提供しているクラウド帳票サービス。HTTPリクエストを送信することにより、社内の業務システムや様々なクラウドサービスと連携して帳票を生成できる。

 ワークハピネスは、組織作りを推進するための社員研修サービスや、組織開発コンサルティングサービスを展開している。

 同社ではこれまで、顧客へのアプローチから商談、受注、請求、納品という一般的な営業プロセスにおいて、それぞれ異なるシステムが使われてきたという。社内に点在するシステムを使い続けるのでは効率が悪く、解決すべき課題だったとし、様々な情報管理システムを検討する中で、見た目がシンプルで、プログラムの知識がなくても項目を選択することでカスタマイズできる「Cybozu kintone」を導入したとしている。

 同システムの導入の結果、経営に求められる情報の一括管理が可能になったとし、見積りや請求などの帳票作成業務システムも一本化を目指す上で、「kintone」との連携が可能で、帳票に特化したシステムである「OPROARTS」を採用したと伝えている。

 採用に当たっては、使いながらのカスタマイズが可能で、現場から挙がる要望が数分から数時間程度で反映される点や、必要な機能だけを導入でき、導入コストが5分の1から10分の1程度に抑えられるという点を評価したとしている。また、今後の利便性の拡充に期待しているという。

 同帳票システムの導入によって得られた効果は、各種帳票作成における作業負荷と労働時間を削減できたことのほか、帳票そのものの見栄えも良くなったことだと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「電子帳票システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「電子帳票システム」関連情報をランダムに表示しています。

「電子帳票システム」関連の製品

Web対応電子帳票システムe-COOD 【日商エレクトロニクス】 電子帳票ソリューション「FiBridgeシリーズ」 【JFEシステムズ】 クラウド帳票サービス「OPROARTS」 【日本オプロ】 Create!Form 【インフォテック】 電子帳票システム「活文 Report Manager」 【日立ソリューションズ】
電子帳票システム 電子帳票システム 電子帳票システム 電子帳票システム 電子帳票システム
Web対応の電子帳票システム。セキュリティ強化やワークフローなどオフィスのペーパーレス化を推進してきた日商エレクトロニクスのノウハウが盛り込まれている。 シリーズ製品の「FiBridgeII」は3000社以上の導入実績があり、10年連続シェアNo.1の電子帳票システム。超高速変換/検索、高い拡張性、充実のセキュリティ機能などが特長。 帳票設計、帳票エンジンの機能に加え、帳票用のデータ取得や加工から生成した帳票の外部サービスの受け渡し等、帳票業務に係る機能をトータルで提供するクラウドサービス。 簡単な作業ステップで作成できる帳票設計・出力支援ソフトウェア。
グラフやバーコードなど多様な表現が可能。
PDF・HTML・プリンタ印刷で高速な出力を実現。
Web・タブレット対応の電子帳票システム。帳票のライフサイクルを自動管理し、運用コスト削減!海外からも利用できる!

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051930


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 電子帳票システム > 電子帳票システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ