ソフトバンク、剰余金の配当について発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソフトバンク、剰余金の配当について発表


掲載日:2013/11/19


News

 ソフトバンク株式会社は、9月30日を基準日とする剰余金の配当(中間配当)を行なうことを取締役会で決議したと発表した。

 1株当たりの配当金は、20円00銭でソフトバンクが2014年3月期 第1四半期 決算短信(7月30日開示)で公表した配当予想から変更はないとしている。配当金総額は238億3900万円になっている。なお、中間配当の実施に当たって同社は臨時決算を行ない、9月30日に終了した6ヵ月間の利益を分配可能額に算入したと伝えている。

 臨時決算の概要については、9月30日現在、資産合計は5兆6121億7000万円、純資産合計は8376億9900万円、利益剰余金は1484億9800万円で、4月1日から9月30日までの売上高は250億6000万円、営業利益は185億8700万円、経常利益は918億1900万円、臨時期間純利益は909億3800万円(いずれも100万円未満四捨五入)であると発表している。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

FinTechなどデジタル変革はむしろチャンスに、金融機関が打つべき手とは? 【日本ヒューレット・パッカード】 医療に欠かせないデジタル化という処方箋、生産性を向上し的確な治療が可能に 【日本ヒューレット・パッカード】 業界ごとに見る「創造的破壊」の現実――ビジネスの変化はどう進むのか? 【日本ヒューレット・パッカード】 “ムーアの法則”以後の世界とは? コンピューティング基盤の未来を読む 【日本ヒューレット・パッカード】 「ヒトの思考のシミュレート」を可能にするビッグデータ分析の概要と条件 【インテル】
システムインテグレーション システムインテグレーション システムインテグレーション システムインテグレーション データ分析ソリューション
FinTechなどデジタル変革はむしろチャンスに、金融機関が打つべき手とは? 医療に欠かせないデジタル化という処方箋、生産性を向上し的確な治療が可能に 業界ごとに見る「創造的破壊」の現実――ビジネスの変化はどう進むのか? “ムーアの法則”以後の世界とは? コンピューティング基盤の未来を読む 「ヒトの思考のシミュレート」を可能にするビッグデータ分析の概要と条件
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051921



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ