ソリトン、3つのセキュリティ製品を仮想アプライアンス化し発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソリトン、3つのセキュリティ製品を仮想アプライアンス化し発売


掲載日:2013/11/19


News

 株式会社ソリトンシステムズ(ソリトン)は、モバイルアクセスゲートウェイ「Soliton SecureGateway」、電子証明書対応オールインワン認証サーバ「NetAttest EPS」、電子証明書配布対応MDM(モバイルデバイス管理)サーバ「NetAttest EPS-ap」の3つそれぞれを、VMware対応の仮想アプライアンスとして、12月1日に発売する。

 今回発売される仮想アプライアンスは、安全なWebベースのモバイル環境を仮想サーバで構築できる上、3つを連携させることで、より強固なセキュリティを提供する。モバイル環境からクラウドサービスにアクセスする際、接続クライアントはセキュアブラウザ「Soliton SecureBrowser」に限定、全アクセスを「Soliton SecureGateway」経由にし、接続時には「NetAttest EPS/NetAttest EPS-ap」の電子証明書やワンタイムパスワード(OTP)で強固な認証を行なうことで、一本化したネットワークの入り口のセキュリティを強化し、端末にデータを残さない安全なモバイル環境を構築できる。

 「Soliton SecureGateway」は、キャッシュを残さないセキュアブラウザ「Soliton SecureBrowser」(無償)とともに利用するモバイルアクセス用ゲートウェイサーバ。Webに特化していて、管理者が指定するWebシステム(例えば、Google Apps、Office 365、Salesforceなどのクラウドサービス、社内のWebシステム)に限定してアクセスを許可する。同ブラウザの接続時の認証では、電子証明書やOTPも利用できるほか、クライアント端末はiOS/Android版に加え、Windows/Mac版も提供されているため、端末を問わずマルチデバイスモバイル環境を提供できる。

 「NetAttest EPS」は、電子証明書やOTPを利用した“高度な認証”を1台で提供するアプライアンスサーバ。今回、仮想アプライアンス版が発売される「Soliton SecureGateway」と連携できるほか、様々なVPNゲートウェイや無線LANアクセスポイントと連携でき、利用者や端末が正規のものかを判断することで、不正アクセスを阻止する。

 「NetAttest EPS-ap」は、「NetAttest EPS」の認証局と連携し、電子証明書を端末にインポートできるほか、無線LANやVPNの接続など、各種設定やセキュリティポリシーを一括適用できる。また、MDM機能も搭載し、管理端末に対してリモートからの端末ロックやデータ消去を行なえる。


出荷日・発売日 2013年12月1日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 【日本マイクロソフト】 FutureNet RA-1200/RA-730 【センチュリー・システムズ】 指ハイブリッド認証 【NEC】 NeoFace Monitor 【NEC】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】
認証 認証 認証 認証 認証
新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。 高度な顔認証エンジンで、PC起動時からログアウトまでのPCのセキュリティ確保を行う顔認証PCセキュリティソフトウェア。 Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051904


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ