採用:アルデバラン、ロボットにニュアンスの会話型音声機能採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:アルデバラン、ロボットにニュアンスの会話型音声機能採用


掲載日:2013/11/18


News

 米ニュアンス・コミュニケーションズは、フランス アルデバラン・ロボティクスが開発したロボット「NAO」が、ニュアンスの会話型音声機能を採用し、自然で魅力的な人とロボットの対話を可能にしたと発表した。

 「NAO」は、インタラクティブでプログラミング可能なヒューマノイド・ロボット。動作、視覚、触覚、音声などの機能を搭載していて、様々な表面での歩行、顔や物体の追跡と認識、感情の表現と理解、接触による反応、音声による対話などを行なえる。2011年からニュアンスの組込み型音声認識技術を採用しており、これにより対話相手の声を正確に認識できる。

 今回、ニュアンスのNDEVモバイルデベロッパープログラムを通じて、ニュアンスが提供するクラウド・ベースの音声認識と音声合成を採用し、これらの技術を組み合わせることにより、19種類の言語で人とロボットの自然な会話を可能にした。また、ロボットのキャラクターに合わせて特別に開発されたカスタム音声合成により、個性を持たせることを可能にした。

 アルデバランは、今回の採用により、次世代ロボットの対話の利用範囲を拡大し、教育、自閉症の子供達への特殊な教育環境や個人用ロボットなど、様々な状況でのロボットと人の対話を可能にしたと伝えている。

 なお、同社は、同技術の自然言語理解と音声合成を採用した新しいソフトウェアのリリースを2014年初旬に行なう予定だとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他情報システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051881


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ