富士通FIP、BCMSの国際規格ISO22301の第3者認証を取得

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通FIP、BCMSの国際規格ISO22301の第3者認証を取得


掲載日:2013/11/18


News

 富士通エフ・アイ・ピー株式会社(富士通FIP)は、アウトソーシングサービスの基盤となるデータセンタ機能において、事業継続マネジメントシステム(Business Continuity Management System:BCMS)の国際規格“ISO22301”の第3者認証を10月25日に取得したと発表した。

 対象のデータセンターは、首都圏 ・名古屋・大阪の主要データセンタ5ヵ所(横浜データセンター、横浜港北データセンター、 東京データセンター、大阪千里データセンター、中部データセンター)だという。これらのデータセンタにおいて、ファシリティ提供サービスのほか、監視サービス、共通ネットワーク提供サービスなども含めたセンター基盤サービス全体が認証の対象範囲になるとしている。

 富士通FIPによると、不測の事態発生時も事業を継続するための活動を管理する手法となる事業継続マネジメント(BCM)が注目されており、2007年に英国でマネジメントシステム規格(BS25999)が発行されて以降、様々な国で規格化が進展し、2012年5月15日には、BCMSの国際規格として“ISO22301”が発行されたと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ITシステム変更管理ソフトウェア Netwrix Auditor 【ラネクシー】 次世代マルウェア対策「CylancePROTECT(R)」 【日立ソリューションズ】 OpenText ECM <文書&コンテンツ統制管理ソリューション> 【オープンテキスト】 VMwareからAWSへ簡単移行、実現のカギはハイブリッド対応の事業継続製品 【伊藤忠テクノソリューションズ+他】 「誰でもすぐ使える」は本当? Web会議専用デバイスを実際に使って試してみた 【レノボ・ジャパン株式会社】
統合ログ管理 アンチウイルス 文書管理 IaaS/PaaS Web会議
ネットワーク上に蓄積されたActive Directoryやファイルサーバなどのさまざまな変更ログを一元管理し、セキュリティ情報や稼働情報などのレポートを自動生成。 AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 契約書や証憑書類、オフィス文書、画像、動画、更に企業で蓄積されるノウハウや知識情報など多彩なコンテンツを業務プロセスに紐づけて管理・活用できる情報統制・共有基盤 VMwareからAWSへ簡単移行、実現のカギはハイブリッド対応の事業継続製品 「誰でもすぐ使える」は本当? Web会議専用デバイスを実際に使って試してみた
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051869



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ