NI+C、新会社エヌアイシー・パートナーズの設立について発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NI+C、新会社エヌアイシー・パートナーズの設立について発表


掲載日:2013/11/18


News

 日本情報通信株式会社(NI+C)は、ICT(情報通信テクノロジー)に係わるディストリビュータ事業を新設分割して、エヌアイシー・パートナーズ株式会社を12月18日に設立し、2014年1月1日より業務開始することを決定したと発表した。

 新会社はNI+Cからディストリビュータ事業を引き継ぎ、IBM VAD(Value Added Distributer)として、製品供給にとどまらず、パートナー各社からの様々なニーズ(営業活動面・技術面・販促施策面など)へのきめ細かい支援を行ない、パートナー各社を通じたエンドユーザの高度なITシステム構築を支援するとしている。

 なお、NI+CはVAD事業を新会社へ引き継いだ後も、従来どおり、IBM認定リセラーとしてエンドユーザへの付加価値サービス提供を担当するという。更に、NI+Cのハイバリューソフトウェアを活用したソリューション提供など、新会社とともにNI+Cグループ一体となって、エンドユーザの生産性、業務効率向上など経営課題解決への取り組みをサポートすると伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

セキュアリモート接続 「テレワークRAソリューション」 【アクシオ】 エージェントレス型 IT資産管理ツール『e-Survey+』 【ニッポンダイナミックシステムズ】 ハイパーコンバージドインフラが救世主となる理由と、効果を最大化する法則 【ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社】 脆弱性対策にDDoS攻撃、企業の「顔」であるWebサイトへの攻撃にどう対処するか 【株式会社ラック】 McAfee Advanced Threat Defense 【マカフィー】
リモートアクセス IT資産管理 データセンター運用 WAF 検疫
3つのセキュアなリモート接続環境を用意することで、さまざまなニーズに対応可能なリモートアクセスソリューション。VDI、RDS構成や“ネットワーク分離”の提案も可能。 え…セキュリティが台無し?原因はIT資産台帳の精度――改善策は? ハイパーコンバージドインフラが救世主となる理由と、効果を最大化する法則 脆弱性対策にDDoS攻撃、企業の「顔」であるWebサイトへの攻撃にどう対処するか 多層防御を徹底解説:次世代マルウェアに備えるための次なる対策とは?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051864



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ