AZL、WordPress利用した多言語対応Webサイト作成サービスを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


AZL、WordPress利用した多言語対応Webサイト作成サービスを発表


掲載日:2013/11/15


News

 Absolute Zero Ltd.(AZL)は、アジア進出を図るための、多言語サイトのWebサイト作成サービス「AsiaPage」を発表した。

 「AsiaPage」では、“ホームページセットアップ機能”、AsiaPage版WordPress、マイドメインのメールアカウント、8万通りのデザイン素材、多言語対応の問い合わせ機能、地図表示機能、多言語RSS配信機能・QRコード機能、日本語マネージドサポート、翻訳サービス、アジア圏の有名検索エンジンからインデックスされやすいサーバがパッケージングされている。WordPressを利用することで、検索エンジンとの親和性に優れた環境を構築できるほか、アジア全地域からのアクセスが速く、GoogleやBaiduなど、アジアの主要検索エンジンとの親和性に優れている。

 30分程度でセキュリティ的に優れた高機能多言語サイトを制作でき、“ホームページセットアップ機能”を利用して、ウィザード形式で必要な情報を入力することで、簡単に多言語Webサイトを開設できる。「企業タイプ版」と「ショップタイプ版」の2バージョンで、15業種のパターンが用意されている。

 “ホームページセットアップ機能”は、サンプルテキスト機能を搭載し、各業態ごとのサンプルテキストを参考にすることで、的確なコンテンツを簡単に作成できる。同機能終了時点で、日本語版のWebサイトを閲覧できるほか、修正も加えられる。また、選択プランを利用して翻訳依頼を行なえ、迅速に多言語サイトを構築できる。

 Webサイトの機能には、多言語対応の問い合わせ機能などが標準で附帯しているほか、マイドメインでのメールアカウントも、設定された状態で納品されるため、すぐにWebサイトを公開できる。また、開設後の運用に利用できる「AsiaPage総合マニュアル」も用意され、簡単にWebサイトを運用できる。サーバは香港サーバを利用していて、アジア各国から安定した回線を利用しているため、アクセスの安定性に優れ、アジア圏の有名検索エンジンからSEO的にインデックシングされやすくなっている。

 また、日本語で制作されたWebサイトを中国語簡体字・中国語繁体字のいずれかまたは両方に翻訳するサポートが提供される。翻訳は現在5営業日を予定している。ネイティブチェックを2回行ない、日中両言語に精通した日本語ネイティブと中国語ネイティブのダブルチェックを掛けている。今後、英語への対応を2014年第1四半期を目処に開始する予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他WEB構築関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他WEB構築関連」関連情報をランダムに表示しています。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051821


IT・IT製品TOP > WEB構築 > その他WEB構築関連 > その他WEB構築関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ