日立、フラッシュ媒体を活用したストレージを強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、フラッシュ媒体を活用したストレージを強化


掲載日:2013/11/14


News

 株式会社日立製作所(日立)は、同社のフラッシュモジュール「Hitachi Accelerated Flash」(HAF)を活用したストレージを強化し、出荷を開始した。

 今回の強化では、「HAF」を搭載可能なストレージ製品として、ミッドレンジのユニファイドストレージ「Hitachi Unified Storage 150」が追加された。1.6TBの「HAF」を搭載できる。また、HDDを搭載せず「HAF」のみを搭載することで、大容量データの高速処理を低コストで行なえるオールフラッシュモデル「Hitachi Unified Storage 150 all flash」が製品化された。1.6TBの「HAF」5台をはじめ、キャッシュやファイバチャネルインターフェースなどを標準搭載している。最大480台の「HAF」を搭載でき、容量を768.0TBまで拡張できる。これにより、データマートの分析など、高速処理が求められる小規模システムでも、導入コストを抑えてフラッシュ媒体を活用できる。

 エンタープライズディスクアレイシステム「Hitachi Virtual Storage Platform」(VSP)とユニファイドストレージ「Hitachi Unified Storage VM」(HUS VM)向けには、3.2TBの「HAF」が開発された。「HUS VM」では最大96台、「VSP」では最大192台の「HAF」を搭載でき、それぞれ容量を307.2TB、614.4TBまで拡張できる。更に、「HUS VM」向けには、フラッシュ媒体を活用した際のデータ処理性能向上させるソフトウェア「Flash optimization」が開発され、約100万IOPSのデータ読み込み速度を達成している。これにより、日々発生するデータの処理や分析を限られた時間内で行ない、分析結果を販売戦略に反映するといった事業活動を支援する。


出荷日・発売日 2013年11月13日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

フラッシュアレイをプライマリストレージに導入すると、何が変わるのか? 【ネットアップ】 ストレージの利用状況に関するアンケート(2017年12月) 【アイティメディア】 SSDとHDDの併用課題を解決、新世代ハイブリッドストレージは何が違うのか? 【華為技術日本】 普及で見えてきたフラッシュのメリット、導入企業が実感したその効果とは? 【ネットアップ】 オールフラッシュアレイ導入のヒント、これだけは知っておきたい5つの評価基準 【ネットアップ】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連
フラッシュアレイをプライマリストレージに導入すると、何が変わるのか? ストレージの利用状況に関するアンケート(2017年12月) SSDとHDDの併用課題を解決、新世代ハイブリッドストレージは何が違うのか? 普及で見えてきたフラッシュのメリット、導入企業が実感したその効果とは? オールフラッシュアレイ導入のヒント、これだけは知っておきたい5つの評価基準

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051808


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ