先端技術研究所、「Tufin Orchestration Suite R13-3」を公開

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


先端技術研究所、「Tufin Orchestration Suite R13-3」を公開


掲載日:2013/11/14


News

 有限会社先端技術研究所は、ネットワーク基盤変更自動化を図るための新しいパラダイムが定義された、イスラエル・Tufin Software Technologiesの拡大ビジョン「セキュリティ ポリシー オーケストレーション」を発表した。また、新バージョンの「Tufin Orchestration Suite R13-3」を公開した。

 「Tufin Orchestration Suite R13-3」では、同パラダイムに基づいて、ファイアウォール運用管理、セキュリティ変更自動化、アプリケーション接続性管理のオーケストレーションが強化されていて、ネットワーク レイヤ変更プロセスの自動化、サービス/アプリケーション配信の加速化、ITアジリティの向上、ネットワーク全般でのセキュリティ、コンプライアンスの保持を図れる。

 ファイアウォール運用管理「SecureTrack」、セキュリティ変更自動化「SecureChange」、アプリケーション接続性管理「SecureApp」で構成されていて、分散されたデータ センタ、異機種ネットワーク全体のネットワーク接続性変更の自動化、各事業単位全体の変更プロセスの自動化、管理システム全体のネットワーク変更の自動化を図れる。

 「R13-3」全体では、Internet Explorer 10をサポートしたほか、高可用性自動フェイルオーバを備えている。「SecureTrack R13-3」では、McAfeeエンタープライズ デバイス、Juniper NSMが管理するデバイスでのAPG(自動ポリシー ジェネレータ)、Fortigate 5.0などをサポートしている。PCI DSSテストで選択されたルールの除外、テスト結果のPDFへのエクスポートを行なえるほか、Check Point WARPインターフェースのトポロジー マップ内表示と分析計算への組入れ、SecureApp内で管理されたルールのアプリケーション名とオーナーのルール ドキュメント内表示を行なえる。

 「SecureChange R13-3」では、RADIUS管理パスワード、シングル サインオン、LDAPを利用したユーザ認証を行なえるほか、新ルール追加や既存ルール編集を行なうための正確なJuniper SRXシンタックスが提供される。ルール提供時のルール名、ロギング レベル、コメントの特定を行なえる。「SecureApp R13-3」では、接続管理インターフェースが向上し、接続の容易な読込み、変更を行なえる。設定された名前シンタックスに基づくホスト リソース名追加、接続からのリソース除去時のアクセス除去チケット生成などを行なえる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ネットワークセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の製品

セキュリティアプライアンス Aterm SA3500G 【NECプラットフォームズ】 FortiMail 【図研ネットウエイブ】 標的型サイバー攻撃・内部対策アプライアンス iNetSec Intra Wall 【PFU】 FortiSandbox 【図研ネットウエイブ】 ネットワーク分離ソリューション 【アクシオ】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連
既存ネットワーク構成を変えずに簡単に導入可能。分かりやすい価格設定で中小規模の法人ユーザ向けに最適なUTM(セキュリティアプライアンス)。 ビジネスに必要なメール機能をオールインワンで提供。1つの管理画面から各機能を統合的に管理できるため、導入コストを抑えつつ運用の手間も大幅に削減する。 ネットワーク内の通信を監視することで、標的型サイバー攻撃によるマルウェアの活動を検知し、感染端末の通信を自動的に遮断するアプライアンス。 巧妙化する未知の脅威に対して、実効性の高い対策を可能にする統合ソリューション。二重構造のサンドボックスを基盤に、最新の脅威情報を包括的に活用して対策が取れる。 二要素認証、操作ログ、標的型攻撃対策、ファイル共有、ネットワーク分離を構成する各プロダクトと構築サービス。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051778


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ