マカフィー、10月のサイバー脅威の状況を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マカフィー、10月のサイバー脅威の状況を発表


掲載日:2013/11/13


News

 マカフィー株式会社は、10月のサイバー脅威の状況を発表した。

 今回発表されたサイバー脅威の状況は、マカフィーのデータセンタで把握している情報を基にトップ10を算出し、同社の研究機関であるMcAfee Labsの研究員が分析をしたもの。

 同発表によると、10月の脅威傾向は9月とほほ同じで、脆弱性を悪用したドライブ・バイ・ダウンロード攻撃に関連した脅威がランクインしている。検知会社数のランクには、BlackholeなどのExploit Kitで使われる不正なJavaScriptや設定ファイルなどを対象とした脅威が多数見られるという。

 具体的には、検知会社数の第4位のExploit-PDF.rt.gen、同5位のJS/Exploit!JNLP、同6位のJS/Exploit-Blacole!heur、同7位のJS/Exploit-Blacole.ht、同8位のJS/Exploit!JNLP.cを挙げている。Exploit Kitによって感染させられるトロイの木馬には、オンライン金融サイトのパスワードを盗むZeus(検知名PWS-Zbot)や、偽セキュリティソフトウェア(検知名FakeAlert-SecurityToolなど)のほか、ルートキット機能とバックドア機能をもつZeroAccessなどがあるとしている。

 JRE(Java Runtime Environment)やInternet Explorerの脆弱性が悪用されている例が増えており、特に9月に発見されたIEの脆弱性であるCVE-2013-3893は悪用されており、日本においても攻撃が見られたと伝えている。また、多くの脆弱性攻撃では、マルウェアである実行可能ファイルをいったんTempフォルダに保存してから実行する例が多いため、Tempフォルダの実行可能ファイルの制御をすることで感染を未然に防ぐことがある程度可能だとしている。

 なお、11月に入って新たにWindowsやOffice製品に、TIFFファイルの処理に関する脆弱性CVE-2013-3906が発見されたとし、McAfee Labsではゼロデイ攻撃が発生していることを確認したと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

Logstorage(ログストレージ) 【インフォサイエンス】 セルフサービスBI 軽技Web 【富士電機】 SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 【マクニカネットワークス】 野村証券の大規模ネットワーク運用術:8000ノード一元管理の手法 【日本ヒューレット・パッカード】 ハイパーコンバージドの利点を生かすバックアップアプライアンス 【arcserve Japan】
統合ログ管理 BI 暗号化 ネットワーク管理 バックアップツール
企業内やクラウド上に分散するITシステムのログデータを自動収集、統合管理することにより、セキュリティ対策、運用負荷の軽減を実現する純国産の統合ログ管理製品。 導入企業900社。社内のデータベースに蓄積された販売管理、生産管理などの業務システムの情報活用から帳票出力まで、セルフサービス型BIツールでデータ分析を促進。 暗号化が危険を招く原因に? SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 野村証券の大規模ネットワーク運用術――8000ノードの一元管理に選んだ手法は? ハイパーコンバージドインフラのメリットを生かすバックアップアプライアンス
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051750



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ