採用:CTC、デンソーの基幹系海外DRシステムを受注

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:CTC、デンソーの基幹系海外DRシステムを受注


掲載日:2013/11/12


News

 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は、株式会社デンソーの基幹系の海外DR(Disaster Recovery)システムを受注したと発表した。

 製品については、IBMの「IBM Power Systems」及び「IBM i」を採用し、本社とシンガポールのデータセンタにそれぞれ導入し、2極化を可能にするという。現在構築作業を進めており、2014年2月にカットオーバーの予定であると伝えている。

 デンソーの一部の基幹系システムでは、海外向けの専用機を本社に設置しているという。震災などの影響により本社に設置しているシステム及びネットワークの停止やデータ消失が発生した場合、システムとデータは本社だけに存在するため、海外拠点からのシステムへの接続とデータ復旧ができなかったとしている。そこで、DR(Disaster Recovery)対策として、デンソーでは同じ専用機をシンガポールにも設置したという。本社のシステム及びネットワークの停止やデータ消失が発生しても、シンガポールと2極化しているため、海外拠点からのシステム利用が可能になるとしている。

 今回のDR案件において、本社専用機の更新については、CTCが日本アイ・ビー・エム株式会社の支援を受けながら行なっているという。また、シンガポールへの導入は、CTCが自社のシンガポール支店とシンガポールに拠点を置くグループ会社“CTC Global Pte. Ltd.”と連携することで、提案から構築、運用、保守のすべての工程を実施していると伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051726


IT・IT製品TOP > バックアップ > その他バックアップ関連 > その他バックアップ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ