デンソーウェーブ、重さ約35gの軽量頭部装着型スキャナを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デンソーウェーブ、重さ約35gの軽量頭部装着型スキャナを発売


掲載日:2013/11/11


News

 株式会社デンソーウェーブは、バーコードやQRコードをハンズフリーで読み取れる重さ約35g(スキャナ本体部のみ)の頭部装着型スキャナ「WS1-QB(Vision Scanner)」を11月22日に発売する。価格はオープン価格。

 「Vision Scanner」は、物流倉庫での入出荷管理や、製造現場での部品投入管理などでの使用を想定して開発された。作業者の腕の長さを考慮した読み取り距離(モジュールサイズ0.5mm以上のコード使用時約40〜60cm)が設定されていて、作業者は両手で荷物を持った状態でもスムーズにコードを読み取れる。

 荷物のバーコードやQRコードを読み取ると同時に荷物を手に取れる。スキャンする部品の油などで手が汚れた状態などでも、手を使わずにコードを読み取れる。また、緑色のターゲットマーカをバーコードやQRコードに当てた時のみ白色の照明光が反応して読み取る新モード“コードセンスモード”を搭載したことで、装着者以外の周囲の作業者への配慮と、省電力を同時に達成している。

 作業者が長時間装着しても疲れにくいよう軽量化が図られていて、耳掛けイヤホンと同等の重さ約35gを達成しているほか、帽子や眼鏡を着用した状態でも装着できるように、頭部への装着方法は、ネックバンド方式を採用している。スキャナ本体とネックバンドは、マグネットを利用した着脱構造で、作業者の好みに応じて、左右どちらにも簡単に切り替えられる。

 Windows/iOS/Android搭載の汎用PC端末と、Bluetooth無線を利用したデータ通信を行なえ、読み取りデータをPC端末にワイヤレスで送れるため、作業者はPC端末の位置を気にせずに作業できる。また、初期設定でQRコードを読むことでスキャナ本体からPC端末に接続できる“簡単設定メニュー”や、スキャナ本体のトリガボタンを押すことでBluetooth切断状態から簡単に再接続する機能を備え、作業者は簡単にデータ収集・照合作業を行なえる。

 汎用のモバイルバッテリを使用できるため、バッテリが経年劣化した場合も、すぐに交換できる。容量5800mAhのバッテリで約20時間作業できるため、1日を通して使用する場合でも運用できる。


出荷日・発売日 2013年11月22日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051693


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > その他オフィス機器関連 > その他オフィス機器関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ