採用:ファロージャパン、上野木型製作所に3次元測定等提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:ファロージャパン、上野木型製作所に3次元測定等提供


掲載日:2013/11/11


News

 ファロージャパン株式会社は、有限会社上野木型製作所における非接触スキャナを搭載したアーム型3次元測定器「ファローアーム」と3Dレーザースキャナ「FARO Laser Scanner Focus3D」の活用事例を発表した。

 上野木型製作所は、自動車関連の試作モデル製作、治具製作を主に行なっている。一方で、新規事業として、また会社PRのために、ユニークなもののレーザースキャンを行なって、複製品を製作したり、胸像を切削加工したりといったサービスも請け負っているとし、スキャン対象は、手羽先や餃子などの食品や仏像などの文化財など様々だという。

 同社では型製作のための3次元データ取得が可能で、取得したデータをCADデータへ変換できるシステムの導入が不可欠と判断したとし、図面データがない製品のCADデータ作成や、検査治具、加工モデルの検査などを目的に、2008年に「ファローアーム」を導入したとしている。

 また、モデル納入時に公差内で製作されていることを示す検査レポートを同測定器で作成して提出しているほか、元の型に設計図やデータがない場合、まず型をレーザースキャンして3Dのデータを取得し、CADデータを作成してから型を作り直したり、真空成型品をトリムする際の、レーザーカットなどの機械に載せる受け台を製作する時にもレーザースキャナで製品の3次元データを取得したりしていると伝えている。

 2011年には、同測定器に加え、より大きなワークをスキャンできる3Dレーザースキャナ「FARO Laser Scanner Focus3D」を導入したとしている。

 大型のNC加工機を導入する際、工場のどこに設置できるかを検討する際に、工場内をまずスキャンして、加工機自体のデータをそこに当てはめレイアウトを決定する、いわゆるデジタルファクトリーの用途などに利用していると伝えている。

 同社は、2種類の測定器を使用することで、様々な用途に対応できるようになったとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051688


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > その他オフィス機器関連 > その他オフィス機器関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ