導入:かば田食品、ウイングアークの「Dr.Sum EA」を採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


導入:かば田食品、ウイングアークの「Dr.Sum EA」を採用


掲載日:2013/11/11


News

 ウイングアーク株式会社は、株式会社かば田食品が、基幹システムの照会機能を強化し、販売実績をリアルタイムに把握するために、「Dr.Sum EA」を採用したことを発表した。

 かば田食品は、辛子めんたいの製造・販売を行なう海産物の専門店。同社では、店舗から本社への売り上げ報告の集計期間に最大5日を要していて、情報鮮度が低くなっていたという。また、各店舗の独立採算制度とローコストオペレーションを強固にする必要性が高まっていたと伝えている。

 今回、迅速にデータを収集し、必要なタイミングで必要な軸で集計するための仕組みとして、各店舗と本社をネットワークでつなぐネットワークPOSシステムと「Dr.Sum EA」を導入したとしている。

 導入の理由として、情報システム部門がなく専任のスタッフがいなくても、業務ユーザが基幹業務データを自由に活用できる“ユーザビリティの高さ”を挙げている。

 九州地場のSIerであるエコー電子工業の支援により、売り上げ分析環境の構築作業は約3ヶ月で完了し、7月より本格的に運用を開始しているという。その結果、各店舗の売り上げ報告が即日可能になったほか、基幹システムの照会機能の追加変更を業務ユーザ自身で随時行なうことが可能になったとしている。

 また、POSシステムから収集した多様なデータを、商品や地域、時間帯、客層など切り口を変えながら迅速に集計し、より細かい項目にドリルダウンしたり、明細データにドリルスルーしたりできることも評価していると伝えている。

 今後、利用者層をエリアマネージャーや店長まで拡大し、データに基づいた拡販企画やローコストな店舗オペレーションを可能にすることのほか、ローコストオペレーションの一環として店舗販売からECへ売上比率をシフトしていく施策を実行しており、その施策を支えるデータ活用基盤として同ソリューションの利用を検討していると伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他データ分析関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他データ分析関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他データ分析関連」関連の製品

次世代 数理計画法システム LocalSolver 【MSI】
その他データ分析関連
メタヒューリステイック・アプローチによって、大規模組み合わせ最適化問題に対して高品質な解を短時間で導き出す、本格的オールインワン数理計画汎用ソルバー。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051683


IT・IT製品TOP > データ分析 > その他データ分析関連 > その他データ分析関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ