データリソース、Machina Researchの出版レポートを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


データリソース、Machina Researchの出版レポートを発表


掲載日:2013/11/11


News

 株式会社データリソースは、英Machina Researchの出版レポート“M2Mのデータ解析からの価値創出:ビッグデータの好機−Strategy Report”のプレスリリースにおいて、M to Mの第3の波のビジネスチャンスを最大化するために、エコシステムのすべての参加者がデータの利用、管理、所有の基本に立ち返らねばならないとの分析結果を発表した。

 “M2Mのデータ解析からの価値創出:ビッグデータの好機−Strategy Report”によると、ビッグデータは、M to Mとモノのインターネット(Internet of Things)へと向かう第3の波に乗りつつある。

 同レポートは、M to Mの第1の波は、デバイスに関するソリューションで、センシングとモニタリングに集中していたとし、第2の波は、よりプロセス寄りで、情報や自動処理に関するものだったとしている。

 第3の波は、アプリケーションとデータを重視した、特にモノのインターネットの前身であるsubnets of thingsやデータコミュニティに関するものであるだろうとし、第3の波の需要を満たすためには、サービスプロバイダは、アプリケーションやデータ解析の開発・管理を進め、M to MによるデータがITインフラの根幹を変えるということを理解する必要があると伝えている。

 また、世界のM to M接続数は増加しており、2022年には185億に達すると見込まれるとしている。これらの接続機器は、ビジネス分野や処理によって、多様で膨大なデータを生み出しているとし、そのため、M to Mは、ビッグデータ解析と呼ばれるものの主要な情報収集源の1つとなるだろうと伝えている。

 例えば労働環境での資源の非効率性の削減や生産性の最適化、詐欺や経費の無駄遣いの防止、新製品やサービスの開発などが、現実のものとなるだろうとし、M to Mデータは、新たなビジネスの改善やリアルタイムの投資、行動の洞察などの組み合せを収益へと変えるだろうとしている。

 一方で、課題もあると指摘していて、M to Mによるビッグデータの収益を最大限に引き出すためには、膨大な構造化したデータや非構造化データ、更にはメタデータを取り扱い、リアルタイムに管理し、重要性や価値に関する意味のある、または利用価値のある洞察を導き出せるように処理しなければならないだろうと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 「データ活用・AI(人工知能)」に関するアンケート 【日本電気株式会社】 クラウド導入に伴う課題に対して企業はどのように乗り越えたか 【株式会社セールスフォース・ドットコム】 GRANDIT 【双日システムズ】 「地図」連携で訪問ルート・時期を最適化、その営業改善策とは? 【富士通】
データベースソフト データ分析ソリューション SFA ERP SFA
専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 抽選で5名様に5000円分商品券★データ活用・AIに関するアンケート 2社の事例から学ぶ、予測困難なビジネスを支えるクラウド活用術 基幹業務に留まらず、ワークフロー、BI、ECなどを標準機能で統合した純国産のWeb-ERP。双日システムズによるアドオンテンプレートの提供も。 「地図」連携で訪問ルート・時期を最適化、アサヒプリテックの営業改善策とは?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051673



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ