事例:Calsonic Kansei、OceanBridgeの多機能図面閲覧ソフト導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:Calsonic Kansei、OceanBridgeの多機能図面閲覧ソフト導入


掲載日:2013/11/08


News

 株式会社オーシャンブリッジ(OceanBridge)は、同社の多機能図面閲覧ソフト「Brava Desktop」が、カルソニックカンセイ株式会社(Calsonic Kansei)に採用され、図面管理システムの標準ビューアとして活用されていることを発表した。

 「Brava Desktop」は、CAD図面、TIFF、画像、PDF、XPS、Officeといった様々な形式のファイルに対応した多機能ビューアソフト。各種ファイルを表示するほか、2つのファイルを重ね合わせて、差分(変更個所)を視覚的に分かりやすく表示する比較機能を装備しいる。また、マークアップ(朱書き)機能を使用してファイル上に各種コメントを書き込んだり、マスキング(墨消し)機能で機密情報を隠した上で、PDFやTIFF形式に変換することもできる。

 カルソニックカンセイは、総合自動車部品メーカーとしてグローバルに製品を提供している。2002年より全社的にPDM(Product Data Management)を展開し、閲覧用の図面データをTIFFデータに統一したという。当初、Windowsに標準搭載されているビューアを使用していたが、大判・長尺のTIFF図面の閲覧に時間がかかり、拡大や縮小などの動作をスムーズに行なえず、業務で使用するには、もっと効率よくデータが閲覧できることが求められていたという。

 そこで“操作感に優れ、表示速度が軽快”であるのに加え、“機能とコストのバランスの良さ”の理由で「Brava Desktop」の導入を決定したと伝えている。表示速度に関しては、Windows標準ビューアを使用していた時には開けなかったファイルもすぐに開け、また開くのに時間がかかっていたデータも迅速に開けるようになったという。機能とコストのバランス面に関しては、“見る”という機能を迅速かつ確実にしたいという要求に対して、他社製品だと多くの機能が搭載されており、余分なコストがかかるが、同ソフトは、機能と対応フォーマットによって細かい価格設定が設けられているため、求める機能に絞りコストを抑えることができたとしている。

 現在、PDMにはTIFF図面が100万点以上保存されており、設計や開発部門の社員を中心に全国の拠点で3000人が同ドフトを使用していて、10年以上トラブルやユーザからの問い合わせはなく、安定的に稼働していると伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他PC関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他PC関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他PC関連」関連の製品

Apple製品 トータルサポートサービス 【ウチダエスコ】
その他PC関連
Apple製品の正式代理店として認可を受けているウチダエスコによる、エンタープライズ環境も視野に入れたAppleのサーバー、端末などの導入全般をサポートするサービス。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051645


IT・IT製品TOP > PC > その他PC関連 > その他PC関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ