採用:ベリント、Impact 360で通信会社コンプライアンス対策支援

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:ベリント、Impact 360で通信会社コンプライアンス対策支援


掲載日:2013/11/08


News

 米Verint Systems Inc.(ベリント)は、有線・無線ネットワークサービスを提供する通信会社が、PCI暗号化機能を持つベリントの「Impact 360」デスクトップ&業務プロセス分析を導入したことを発表した。

 「Impact 360」デスクトップ&業務プロセス分析は、異なるシステム、アプリケーションやプロセスにおいて従業員のデスクトップ上の作業を把握すると同時に、機密データ保護もサポートする。また、顧客サービス業務の様々な側面の追跡、評価、分析を可能にし、業務効率の改善、コスト削減、信頼性の向上、顧客経験の改善を支援する。

 同ソフトウェアのPCI暗号化機能は、データの保護を強化し、独立した暗号化キー管理システムを含むAES 256対応の暗号化など、PCI基準の遵守を支援する堅牢なセキュリティ・オプションを提供する。これにより、データを不正アクセスから保護しつつ、データの転送、収集及び保存を可能にする。

 今回、同ソフトウェアを導入した通信会社は、PCIデータセキュリティ基準(PCI DSS)遵守と、顧客の機密データへの潜在的不正アクセスの防御の強化を求められていたという。これに対応するため、既に利用しているベリント通話録音のテクノロジーに、同ソフトウェアを追加導入したと伝えている。

 同社は、ベリントのワークフォース最適化ソリューションで録音した顧客応対の通話を同テクノロジーを利用して暗号化しているとし、同ソフトウェアの追加導入により、一時停止や再開などのインタラクティブな操作も装備され、例えばカード保有者のデータなどの機密情報の録音を回避できると伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他情報システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051644


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ