採用:HON、エスキュービズムのECサイト構築パッケージを導入

IT・IT製品TOP > WEB構築 > EC > ECのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:HON、エスキュービズムのECサイト構築パッケージを導入


掲載日:2013/11/08


News

 株式会社エスキュービズムは、株式会社HONの依頼により“丸善&ジュンク堂ネットストア”のリニュアルを実施し、エスキュービズムのECサイト構築パッケージ「EC-Orange」をベースに構築したO to Oシステムが、既に運用開始となっていることを発表した。

 「EC-Orange」は、ECオープンソースソフトウェア「EC-CUBE」をベースに独自カスタマイズしたECサイト構築システムパッケージ。

 エスキュービズムは、今回のリニュアルが、これまでにHONが抱えていた課題を解決すると同時に、ネットで情報を開示し、実店舗での購買に誘導するO to Oビジネスの次世代モデルを、EC市場に対して提示できたとしている。

 リニュアルされた“丸善&ジュンク堂ネットストア”は、全国100店舗の在庫を統合管理してネットストア上に表示している。最寄り店舗の在庫を確認して、ほしい本の取り置きまで行なえるため、完了メールが到着する1時間後には確実に商品を受け取れるようになっているという。この“Amazonより早く確実に本が手に入る”仕組みが完成したことで、外回りや帰宅途中に書店に立ち寄るビジネスマン層の支持を獲得したとしている。

 また、小売のみならず、外商にも対応し、B to C、B to Bビジネスが1つのシステム上で完結することでシステム運用の簡素化も可能になったという。同時に、ジュンク堂台湾店のグローバルPOSレジにエスキュービズムの「EC-Orange POS」を搭載することで、2014年4月に予定されているWindows XPのサポート切れや、為替、言語といったEC国際化の前に立ちはだかる障壁を解決しながら、従来の基幹システム上での運用をできるようにしたと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「EC」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EC」関連情報をランダムに表示しています。

「EC」関連の製品

EC・通販統合ソリューション NeoSarf / DM 【NEC】 EC事業サポートソリューション Commerce21 Sell-Side Solution 【コマースニジュウイチ】 E-ASPRO 【東計電算】 クラウド型企業間受注支援サービス WEBPSN/EC 【NEC】 カード自動決済パッケージ CAPS 【セイコーソリューションズ】
EC EC EC EC EC
EC・通販の業務に必要な機能をワンストップで提供。
市場ニーズの多様化、デバイスの多様化の時代に対応可能な、マルチチャネル・デバイスフリーのソリューション。
会員登録、商品展示、注文、バックオフィスの店舗管理、展示構成管理、使用者管理、決済処理、受注から配送指示などを網羅した、EC事業向けトータルソリューション。 通販業務をすべて一元管理。
サイト管理から出荷まで、通販業務を1つのシステムで効率的に管理できるクラウド型フルフィルメント通販ソリューション。
受注処理をWeb上で行えるようにするECサイト構築クラウドサービス。企業ごとの特性に合わせたカスタマイズにも対応する「セミオーダー型」で、低コスト・短期導入が可能。 カード自動決済パッケージ CAPSは導入実績800セット以上を誇る、仕向側・被仕向側双方に適用可能なカード決済パッケージ。決済インフラのスムーズな構築、高効率な運用に。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051642


IT・IT製品TOP > WEB構築 > EC > ECのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ