テックウインド、SAS HDD対応のQNAP Systems製NASの取り扱い開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


テックウインド、SAS HDD対応のQNAP Systems製NASの取り扱い開始


掲載日:2013/11/08


News

 テックウインド株式会社は、台湾QNAP Systems,Inc.製の「Turbo NAS」シリーズから、SAS HDDに対応するエンタープライズユーザ向けラックマウント型NAS(ネットワークに直接接続して利用するストレージ機器)の取り扱いを開始した。価格はオープン価格。

 SAS HDDはミッションクリティカルなシステムの要求に応える、高いI/O性能と信頼性を特長とするドライブであり、主に企業の基幹システムやDBサーバなどで利用されているという。

 今回発売されるのは、低消費電力かつ高密度実装可能な2.5インチドライブ専用24ベイモデル「SS-EC2479U-SAS-RP」と、大容量ストレージを構築可能な3.5インチドライブ用12ベイ/16ベイモデル「TS-EC1279U-SAS-RP」「TS-EC1679U-RP-SAS」の計3製品。

 各製品には基本ソフトであるQTS4.0が搭載されており、エンタープライズユーザをサポートする様々な機能が盛り込まれている。SSDキャッシングは、搭載したSSDをキャッシュ領域として割り当てアクセス性能を向上させる機能であり、DB用ストレージなどI/O性能が要求される用途で性能を発揮する。また、VMWare VAAIサポート、QNAP vSphere Clientプラグイン、Microsoft ODXサポートといった、仮想化環境での利用を支援する機能も搭載しており、パフォーマンスの向上とストレージ管理の効率化をもたらす。

 SAS HDD対応モデルは、その堅牢性からデータのバックアップ用途にも適しており、クライアントPC向けのバックアップアプリケーションとしてNetBak Replicatorが無償提供されていて、シンプルな設定で自動バックアップ環境を構成できる。また、RTRR(Real Time Remote Replication)機能やRsync機能を利用してリモートNASや各種クラウドストレージにバックアップを行なってデータを多重化し、障害復旧対策も行なえる。

 なお、今回の発売に合わせ、認証済みHDDをセットしたHDD搭載モデルを展開するほか、2種のオプション保守メニュー(オンサイト保守及び先出交換保守、3年もしくは5年サポート)も用意していると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

今すぐ実践、IT活用とオフィス空間づくりで進める「働き方改革」 【ミロク情報サービス】 海外製SFAからの移行事例〜次期SFA選びを失敗しないための3つのポイント_JUST.SFA 【ジャストシステム】 マンガ『ひとり情シス物語』:障害対応に時間をかけるなんてあり得なくない? 【デル株式会社】 実は見落とされがち……新興企業の爆速成長に必要不可欠な要素とは 【日本オラクル】 成長企業がいま知っておくべき、スピード経営基盤の考え方とは 【日本オラクル株式会社】
暗号化 SFA 統合運用管理 ERP ERP
今すぐ実践、IT活用とオフィス空間づくりで進める「働き方改革」 SFAの移行を検討する企業が次期SFAを選ぶ際に留意すべきこととは?SFA選びを失敗しないための3つのポイントとは?実際のSalesforceリプレース事例をもとに解説。 マンガ『ひとり情シス物語』:障害対応に時間をかけるなんてあり得なくない? 斬新な発想と圧倒的なスピードを武器に、新興企業でも市場を席巻できる時代が到来した。しかし急成長を狙う前に、バックオフィスの重要性を再認識しておく必要がある。 成長企業がいま知っておくべき、スピード経営基盤の考え方とは
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051637



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ