デル、アジア太平洋チャネルパートナーエコシステムへの注力強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デル、アジア太平洋チャネルパートナーエコシステムへの注力強化


掲載日:2013/11/08


News

 米デルは、同社のデルグローバルコマーシャルチャネル(GCC)が、中国成都で開催された“Dell GCC APJ Partner Summit”において、APJ(アジア太平洋及び日本)地域のパートナー企業への強化戦略を発表した。

 “Dell GCC APJ Partner Summit”は、APJ各地域のGCC統括本部長やパートナー企業が一堂に会し、会期中デルは、パートナーに向けた“トレーニングイニシアチブ”“ツール”“ベストプラクティス”に関するプログラムを発表するという。

 同社のチャネルビジネスはグローバルにおける商業収入の3分の1を占め、パートナーエコシステムは、アジア太平洋地域での継続的な成功に不可欠だとし、パートナーがビジネスを行ないやすくしながら、長期的に安定した関係の確立に重点を置くことを注視していると伝えている。

 同社は、パートナーが業務を円滑に進めることができるような施策を継続的に実施して、特にソフトウェア分野におけるパートナーの競争力を高めていくとしていて、市場をリードするソフトウェア企業を買収し、パートナープログラムである“PartnerDirect”の強化に着手していると伝えている。

 “PartnerDirect”に加え、“セキュリティ”“システム管理”“データ保護”“情報管理”の4つのソフトウェアコンピテンシーに注力し、これにより、ソフトウェアとハードウェアに特化したパートナーのほか、ソリューションを販売するパートナーも含む一体化したチャネルパートナーコミュニティのニーズに応えられるようになると伝えている。

 4つのソフトウェアコンピテンシーは、“PartnerDirect”に登録されているパートナーが利用可能となり、新たなコンピテンシーにおける要件や習得方法についてのトレーニングを提供しているという。

 また、パートナーには、“オンライン・ソリューション・コンフィグレーター”という、契約パートナーが顧客の要望に合わせて、容易で共同的かつ直感的な方法で、複数のエンタープライズソリューションを組み合わせたり、カスタマイズしたりすることを可能にするツールが用意されているという。同ツールはローカライズされていて、パートナーがビジネスを展開している地域の通貨と言語で利用できるようになっており、同社の様々なエンタープライズソリューション専用のセールスサポートを提供すると伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ネットワーク監視マネージャ ThirdEye 【ロジックベイン】 日本取引所グループはXTECH時代のITシステムをどう見ているか 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 オンプレミスのデータセンターに従量制ITモデルを実装すると何が変わるのか? 【日本ヒューレット・パッカード】 クラウドとオンプレミスのハイブリッド環境を苦しめる運用負担、その解決策は? 【日本ヒューレット・パッカード】 IT環境に付き物の課題を解決し、ハイブリッドIT移行を実現する「4つの指針」 【日本ヒューレット・パッカード】
ネットワーク管理 IaaS/PaaS データセンター運用 統合運用管理 データセンター運用
未然に大きな事故を回避できるよう、どのセグメント、どの機器にどのような障害が起こったかなどをいち早く検知し、管理者に通知するネットワーク監視マネージャ。 日本取引所グループはXTECH時代のITシステムをどう見ているか オンプレミスのデータセンターに従量制ITモデルを実装すると何が変わるのか? クラウドとオンプレミスのハイブリッド環境を苦しめる運用負担、その解決策は? IT環境に付き物の課題を解決し、ハイブリッドIT移行を実現する「4つの指針」
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051636



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ