採用:ファッションショーでストラタシスの3Dプリンタが採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:ファッションショーでストラタシスの3Dプリンタが採用


掲載日:2013/11/07


News

 Stratasys Ltd.(ストラタシス)は、コロンビアのデザイナーであるCamilo Alvarez氏が、同国のメデジンで開催されたファッションショー“コロンビアモーダ2013”で、ストラタシスの3Dプリンタで制作したアクセサリーコレクションをキャットウォークで披露したことを発表した。

 Alvarez氏は、自然と現代技術とが共存するデザインからインスピレーションを受けて、独自性の高いアクセサリーコレクションをストラタシスの3Dプリンタを使って制作したという。コレクションでは、帽子、ブレスレット、メガネ、サンダル、また、プラスティック構造とニットを組み合わせたドレスなども発表されていると伝えている。

 アクセサリーコレクションを制作するのに使った3Dプリンタは、マルチ素材3Dプリンタ「Objet260 Connex」「Objet500 Connex」、 3Dプリンタ「Objet Eden」だという。Alvarez氏が、Connex 3Dプリント技術を選択した際に最も重要視した基準は、異なる物理特性を備えたマルチ素材を使って造形できる性能だったとしている。Alvarez氏は、複雑な形状デザインとその技術を自らの作品に組み合わせられ、最終形プロトタイプを作成して短時間で検証できたという。

 ストラタシスは、同社の3Dプリントは、設計プロセスの迅速化かつ敏捷化を図り、作り手の創造性を高めることができるため、ファッションデザイン市場に革命をもたらしたほか、ラテンアメリカにおけるその他の産業においても活用されていると述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051605


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > その他オフィス機器関連 > その他オフィス機器関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ