HIBP、韓国の情報通信分野の研究開発投資分野に関する調査を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


HIBP、韓国の情報通信分野の研究開発投資分野に関する調査を発表


掲載日:2013/11/06


News

 エイチ・アイ・ビジネスパートナーズ株式会社(HIBP)は、韓国における情報通信分野の中長期的な研究開発投資分野に関する無償の調査結果をリリースしたと発表した。

 HIBPによると、韓国政府は10月、情報通信(ICT)分野にて韓国経済の成長潜在力を拡充できるように、世界でのICT経済力の確保(World best ICT)、研究環境の画期的な改善(Activating R&D ecology)、産業的成果の創出(Vitalizing industry)、国民の暮らしにおける質の改善(Enhancing life)という4大ビジョンを盛り込んだ“情報通信R&D中長期戦略”を定めた。

 その戦略の一環として、コンテンツ、プラットフォーム、ネットワーク、デバイス、情報セキュリティの5つの分野で10大重点投資分野を定め、2017年までの5年間で8兆5000億ウォン(約8500億円)の予算を投資する計画であるという。10大投資分野は未来情報通信のコア技術であり、韓国はこの分野を国の成長動力として育成し、グローバル市場を先取りしていく方針であるとしている。

 同調査の内容では、コンテンツ分野における市場展望、重点投資分野については世界コンテンツ市場は1兆6000億ドル(2011年)より2兆1000億ドル(2016年)に成長すると予想し、プラットフォーム分野おいてはソフトウェア基盤のプラットフォーム市場が今後も拡大すると予想、ネットワーク分野ではネットワークの高速化や効率的な活用が国家競争力の重要要素として浮上して世界のスマートネットワーク市場は2017年までに21兆ドル市場に成長するとしている。デバイス分野では感性型、知能型デバイスの増加で、UI/UX、センサなど関連の基礎技術確保が求められ、情報セキュリティ分野ではサイバー攻撃の増加、個人情報漏洩被害の増加などで対応技術確保が求められると伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩 【アドビ システムズ】 Cisco Umbrella 【サテライトオフィス】 Cisco Umbrella 【サテライトオフィス】 業務アプリがなんだか遅い――ログでは不明な遅延の原因を迅速に特定するには? 【ソーラーウインズ・ジャパン】
文書管理 ワークフロー 検疫 検疫 統合運用管理
CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩 「WannaCry」など新種のサイバー攻撃を防ぐクラウド型DNS マルウェアの90%以上が利用する経路とは? 意外と見落としやすい対策ポイント 業務アプリがなんだか遅い――ログでは不明な遅延の原因を迅速に特定するには?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051552



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ