EMC、Software-Defined Storageプラットフォームを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMC、Software-Defined Storageプラットフォームを出荷


掲載日:2013/11/05


News

 EMCジャパン株式会社(EMC)は、Software-Defined Storage(ソフトウェアで定義されたストレージ)プラットフォーム「EMC ViPR(ヴァイパー)」の出荷を開始した。

 「EMC ViPR」は、同社/他社製品を問わず様々なストレージ インフラストラクチャを一元管理するコントロールプレーン「ViPR Controller」と、ブロック ストレージ/ファイル ストレージ/オブジェクト ストレージをデータサービスとして提供するデータプレーン「ViPR Data Services」で構成される。既存のストレージ インフラと、その中に保存されたデータの両方を運用管理できる。また、巨大なデータセンタを構築するための基盤が提供され、多数の専門技術者の動員不要でカスタム環境を構築できる。

 「ViPR Data Services」の一部として提供される「Object Data Services」では、Amazon S3/OpenStack Swift/EMC Atmosなど複数の標準準拠データアクセスAPIに対応する。更に、オブジェクトをファイル形式で表示でき、既存のオブジェクト ストレージ モデルでの遅延を回避でき、通常のファイルへのアクセスとほぼ同様のパフォーマンスが提供される。他社製品にも対応できるよう設計されている。

 ライセンス価格は270万円から(最小対象容量は100TBから)。


出荷日・発売日 2013年11月1日 出荷
価格 ライセンス価格:270万円〜(最小対象容量:100TB〜)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051530


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ