採用:伊予銀行、富士通の仮想デスクトップサービスを導入

IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:伊予銀行、富士通の仮想デスクトップサービスを導入


掲載日:2013/11/05


News

 富士通株式会社は、株式会社伊予銀行の渉外用タブレット端末約1000台から同行内のシステムを参照するための仮想デスクトップ基盤を構築し、10月7日に運用を開始したと発表した。

 伊予銀行では従来、顧客からの相談内容や過去の取引情報などは外部と遮蔽された行内の業務ネットワークに接続された端末でしか参照できなかったため、外出先においては限られた情報のみで営業活動を行なっていたという。

 そこで今回、富士通と株式会社富士通エフサスは、安全な環境で、渉外用タブレット端末から、同行の行内システムを参照可能な仮想デスクトップ基盤を構築したと伝えている。

 同システムは伊予銀行事務センターに構築されており、富士通の運用センターが運用・監視をしているという。また、同行内のCRMシステム、グループウェア、eラーニングシステムなどと接続されており、渉外用タブレット端末からこれらのシステムを参照できる。タブレット端末の紛失や盗難などに備え、利用者IDとパスワード入力による認証に加え、端末上にデータを残さないよう、シンクライアント技術を採用しているという。セキュリティ面では、同社のネットワークサービス「FUJITSU Managed Infrastructure Service FENICS」を利用した専用のネットワークを構築して行内システムからのデータを暗号化し、画像データに変換して送信することで、不正アクセスや盗聴への対策をとっているとしている。

 また、同仮想デスクトップサービスでは、同行によるICT資産の所有や運用・監視が不要となるほか、月額サービス型で提供されるため、投資コストの平準化を図ることができると述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「VDI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「VDI」関連情報をランダムに表示しています。

「VDI」関連の製品

クラウド型仮想デスクトップサービス NEC Cloud DaaS 【NEC】 クライアント仮想化ソリューション Ericom 【アシスト】 1ユーザー当たり5万円台 低価格で高性能なリモートデスクトップ 【アセンテック】
VDI VDI VDI
「NEC Cloud DaaS」は、ビジネスシーンに必要な機能を豊富なオプションラインナップで提供する。
クラウド基盤やハウジングとのシームレスな連携も可能。
あらゆるデバイスにWindowsアプリ、VDI、物理PCへの接続を提供。低帯域でも快適な通信プロトコル、ブラウザをRDPクライアントとして使える機能等を備えている。 ハイパーバイザーを使用せず、1ユーザー当たり5万円台という低価格で高性能なリモートデスクトップを実現する技術が登場した。仮想化特有の課題を払拭できる。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051518


IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ