提携:ペイパル、JCBと業務提携に向けて合意

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:ペイパル、JCBと業務提携に向けて合意


掲載日:2013/11/05


News

 シンガポールPayPal Pte.Ltd.(ペイパル)と株式会社ジェーシービー(JCB)は、業務提携に向けた基本契約書に署名し、2014年3月を目途にスマートフォン決済ソリューション「PayPal Here」によるJCBブランドのクレジットカードの取り扱いを開始することで基本合意したと発表した。

 「PayPal Here」は、スマートフォンに取り付ける親指大の完全に暗号化された専用のカードリーダと無償のモバイルアプリケーションを使って、クレジットカード支払いや「ペイパル」のアカウントを使ったアプリよる“顔パス支払い(チェックイン支払い)”に、場所や時間を問わず対応できるスマートフォン決済ソリューションサービス。

 ペイパルのオンライン決済において以前から利用可能であったJCBブランドのカードが今回の合意により同サービスでの対面決済にも利用できるようになることで、同サービスは“VISA”“MasterCard”及び“American Express”を含め、日本国内の主要なクレジットカードブランドを取り扱えるようになるという。これによって、消費者がカードブランドを問わずに買い物ができるとともに、売り手の売上増加・機会創出を支援できるとしている。

 同サービスは、日本全国の小売業、飲食店及びサービス業などで活用されており、現金以外の便利な支払い手段を提供することで、ペイパルは“財布のいらない世界”の確立を目指しているという。JCBはカード決済のすそ野を拡大し、キャッシュレス化を促進していくと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

AWS環境からの情報漏えいを防止、ユーザー側で行うべき公開サーバの脆弱性対策 【トレンドマイクロ】 サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策 【トレンドマイクロ】 日本企業も対象になり得るGDPR(制裁金最大26億円)にどう対処するのか? 【Jiransoft Japan】 SAS Data Management 【SAS Institute Japan】 SAS Visual Analytics 【SAS Institute Japan】
WAF 検疫 その他運用管理関連 ビッグデータ BI
AWS環境からの情報漏えいを防止、ユーザー側で行うべき公開サーバの脆弱性対策 サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策 日本企業も対象になり得るGDPR(制裁金最大26億円)にどう対処するのか? 膨大・煩雑な生データを「使えるビジネス資産」に変換する方法 BIを生かす秘訣は「Microsoft Office」との連携にあり
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051507



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ