コンテック、5GHz帯と2.4GHz帯の同時接続可能な無線LAN APを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コンテック、5GHz帯と2.4GHz帯の同時接続可能な無線LAN APを出荷


掲載日:2013/10/31


News

 株式会社コンテックは、IEEE802.11a/n(5GHz帯)と11b/g/n(2.4GHz帯)の無線LAN機器を同時接続できるアクセスポイント(AP、親局)「FXA1200」の出荷を11月に開始する。価格はオープン価格。

 「FXA1200」は、11a/nではW52/W53/W56の19チャネル、11g/nでは1〜13ch、11bでは1〜14chから選択できる。また、セキュリティ機能を搭載し、11nではWPA2-PSK(AES)などに対応しているほか、MACアドレスフィルタリングやESSID隠し、WPA2/WPAと併用できる独自暗号化“WSL”を搭載している。11a/b/gではIEEE802.1x認証やWPA2-PSK(TKIP)などにも対応している。

 気象レーダや船舶レーダを検知した際の移動先チャネルを指定できるスマートDFS機能や、ルータを越えたローミング先でもネットワーク設定を変更せずに通信できるIPトンネル機能を搭載している。

 IP電話を優先するなど特定の通信帯域を確保するQoS機能を備えている。また、静的VLAN機能に加え、RADIUSアトリビュートに従ったクライアント単位でVLANを割り当てる動的VLAN機能や、セキュリティや設定の異なる仮想のアクセスポイントを構築できる“仮想AP”を搭載している。

 設定管理はWebブラウザから簡単に行なえるほか、USB/FTP/Telnetでの接続やCFカードの着脱など、システムや運用に合わせて様々なメンテナンス方法が用意されている。また、コネクタ部を保護する鍵付きカバーが付属しているほか、セキュリティワイヤーの取り付けが可能なセキュリティスロットを装備し、盗難対策を支援する。

 ACアダプタが添付されているほか、PoE(IEEE802.3af規格)の給電方式にも対応している。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

無線LAN環境で構築する「多層防御」 安全性と高品質を両立するための鍵は? 【ノックス】 Ruckus Wireless Smart Wi-Fiソリューション 【ジェイズ・コミュニケーション】 ネット・電話・Wi-Fi「オフィス三種の神器」調達の秘技 【シスコシステムズ】 無線LANのAPや通信状況を可視化、有線並みの安定性と安全性を実現する統合管理 【日立システムズ+他】 「セキュリティ重視のワークスタイル変革」成功企業の取組みとは 【日立システムズ+他】
無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN
無線LAN環境で構築する「多層防御」 安全性と高品質を両立するための鍵は? クライアント端末/パケットごとに電波の強度分布を変化させることで、常に最適な状態での通信を実現する無線LANソリューション。
簡易なサイトサーベイにて導入可能。
「ネット回線、電話、Wi-Fi」はあって当たり前なのに、契約や設置工事、メンテナンスには一定の人員と工数が必要。どうすれば楽に安定した環境を手に入れられるのか。 無線LANのAPや通信状況を可視化、有線並みの安定性と安全性を実現する統合管理 IT製品を買うだけで「ワークスタイル変革」が実現するのではない。しかし、働き方全体のデザインを考えると、おのずと必要なものが見えてくるという。その真意を取材した。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051447


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ