デル、簡単に導入できる中小中堅規模法人向けVDIパッケージ発売

IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デル、簡単に導入できる中小中堅規模法人向けVDIパッケージ発売


掲載日:2013/10/31


News

 デル株式会社は、統合型インフラストラクチャ「Dell Active System」が提供する主要ソリューションの1つの“VDI”(Virtual Desktop Infrastructure)向け新ソリューションで、オールインワンパッケージ型の「Dell Active System BRS(Business Ready Solution)for VDI」(AS for VDI)を発売した。

 「Dell Active System」は、各ワークロードに最適化されたサイジングで構成されていて、サーバ/ストレージ/ネットワークといったハードウェアを事前統合型で工場から出荷する形態とオンサイトで統合する形態の両方で提供される。

 今回発売された「AS for VDI」は、VMware Horizon ViewなどのVDI環境を、シンプルで迅速に導入できる、小〜中規模法人向けのオールインワン・パッケージ・ソリューション。導入設計サービスから仮想化基盤、VDI管理ソフトウェア、検証済みのハードウェア、保守サービスがパッケージングされていて、導入、維持/管理するための総コストを分かりやすい形で検討できる。

 規模や用途に応じて、PoC(Proof Of Concept:概念実証)/100シート/300シートの3種類がラインアップされ、スモールスタートとシームレスアップグレードを図れる。また、デルのEnd-to-Endのソリューションポートフォリオから、クライアントデバイスからセキュリティ、リソース管理まで、ユーザの要件に応じたトータルソリューションの提案オプションも用意されている。

 また、10シート/20シートなど、小規模のVDI環境向けにGoToMyPCを使用した廉価な月額定額制サービスもラインアップされている。同パッケージは、ユーザごとにVDI環境を独自に構築する専有型で、廉価でハードウェアリソースを最大限にセキュアに利用できる。

 「AS for VDI VSBP(Very Small Business Pack)」は、1ホストあたり10シートから利用でき、低コスト、スモールスタートを図れるほか、月額課金で利用できる。「AS for VDI PoC」は、VDI評価用のパッケージで、VMware Horizon Viewなどを利用した仮想デスクトップの評価検証環境を構築でき、本格運用にあわせて、「AS for VDI 100/300」にシームレスに拡張できる。「AS for VDI 100/300」は、ハードウェア/仮想化ソフトウェア/導入設計サービス/保守が統合された仮想化パッケージで、100シート/300シートの2種が提供される。


出荷日・発売日 2013年10月30日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「VDI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「VDI」関連情報をランダムに表示しています。

「VDI」関連の製品

Pure Storage FlashArray//m 【ピュア・ストレージ・ジャパン】 1台からでも対応可能、中堅・中小企業でも手軽に導入できるVDI環境 【丸紅ITソリューションズ】 クライアント仮想化ソリューション Ericom 【アシスト】 シンクライアントによるセキュリティ対策はVDIだけではない 【日立製作所】 VDIとインターネット分離と標的型攻撃対策の関係 【日立製作所】
VDI VDI VDI VDI VDI
VDIの高速性と運用性を両立、京都橘大学がオールフラッシュ導入で成功した理由 1台からでも対応可能、中堅・中小企業でも手軽に導入できるVDI環境 あらゆるデバイスにWindowsアプリ、VDI、物理PCへの接続を提供。低帯域でも快適な通信プロトコル、ブラウザをRDPクライアントとして使える機能等を備えている。 VDIは情報漏えい対策に有効だが、全社展開には非常に高いコストが掛かる。目的次第では他のソリューションと組み合わせたアイデアで、課題を解決できる可能性がある。 自治体や金融業界などのセキュリティ対策として、重要情報を扱う業務系とそれ以外を分離する“インターネット分離”が注目を集める。本稿では導入の課題と対策を考える。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051446


IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ