ラネクシー、画像処理ソフトウェア開発キットの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ラネクシー、画像処理ソフトウェア開発キットの新版を出荷


掲載日:2013/10/31


News

 株式会社ラネクシーは、米国Accusoftが開発した画像処理ソフトウェア開発キットの新版「ImageGear for .NET v21 英語版」の出荷を開始した。

 「ImageGear」ファミリーは、文書管理や地図システムなどに応用されている画像処理SDK。「ImageGear for .NET SDK」は、画像処理・スキャニング・OCR・アノテーションなどの機能をアプリケーションに付加するためのツールを開発者に提供する。

 今回の新版では、DLL 32ビット版に搭載されたOCR機能が改良され、欧米語で48%、アジア語で69%認識率が向上しているほか、DLL 64ビットでもOCR機能を利用できるようになった。また、ASP.NETコントロールが改良されたことで、Microsoft Office書類をスケーラブルなSVGフォーマットで閲覧できるほか、新しいPDFやPSフォーマットへの対応、Microsoft Office Open XML PowerPointファイルのレンダリングの向上と、グローバル背景画像・ラインチャート・散布図・PowerPointシェイプのサポートなど多くの機能強化が行なわれている。

 ASP.NET/HTML5ASP.NETでは、Microsoft Office書類をベクター形式のSVGコンテントとして表示できるほか、ASP.NETコントロール向けPDF書類のSVGレンダリングを行なえる。ASP.NETコントロールから直接印刷するためのクライアントサイドJavaScriptが追加されたほか、SVGデータの転送量を削減するためのサーバサイド圧縮を行なえる。また、PDFでは、PDF/PSライブラリがアップデートされたほか、PDFからSVGファイルへの変換を行なえる。DICOMでは、追加されたエンコーディングで特定のストリング値をデコードするためのメタデータAPIが拡張された。

 Microsoft Office Open XML PowerPointのレンダリングに対応したほか、マクロを実行できるOfficeフォーマットの読み込みとレンダリングに対応した。Office書類の読み込みと開放時のメモリ使用、パフォーマンスの最適化が行なわれている。Microsoft Office Open XML Word/Excel書類をレンダリングするための各種強化が行なわれているほか、Microsoft Office Open XML Word/PowerPoint書類での埋め込みEMFコンテントのレンダリングに対応した。

 アノテーションを追加する際の速度とメモリ使用率を改善するためにAPIの最適化が行なわれたほか、異なる解像度のラスター画像やPDF書類で利用するためのアノテーションマークのスケーリングAPIが追加された。


出荷日・発売日 2013年10月30日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

ビジネスとITの橋渡しをする Mendix App Platform 【ビルドシステム】 BPM/ワークフロー統合ツール「IM-BIS」 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】 Mendix App Platform(超高速開発ツール、モデル駆動) 【ビルドシステム】 画像処理ソフトウェア SDK ImageGear(イメージギア) 【ラネクシー】 ALMソリューション 【キヤノンITソリューションズ】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
デジタルイノベーションをビジネスに取り込み、アイデアを素早く形にするには、開発・運用体制が肝になる。アジャイル化、内製化を推し進めるプラットフォームとは。 業務フロー、業務画面、外部サービスを統合的に開発・管理・機能強化する基盤。各種情報を一元管理でき、業務効率の向上と開発生産性の向上を同時に可能とする統合ツール。 ソースコードを記述することなくアプリケーションを作成できる超高速開発ツール。モバイルアプリから、IoT、Cognitive対応のアプリまで、専門知識なしで容易に作成。 世界最高水準の画像処理ソフトウェア開発キット。世界で5000万本以上の利用実績を持ち、2000以上の画像処理メソッド・プロパティを提供する。 要件管理から構成・変更管理、テスト管理、プロジェクト管理まで、アプリケーション・ライフサイクルを総合的にサポートするソリューション。(ALMソリューション)

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051442


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ