東芝、ラップトップPC「T1100」がIEEEマイルストーンに認定

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


東芝、ラップトップPC「T1100」がIEEEマイルストーンに認定


掲載日:2013/10/31


News

 株式会社東芝は、同社が1985年に欧州で発売したラップトップPC「T1100」が、米国に本部を置く電気・電子技術者の学会組織であるIEEEから、“IEEEマイルストーン”に認定されたと発表した。

 “IEEEマイルストーン”は、電気・電子技術及びその関連分野において、社会に大きく貢献したと認定される歴史的な業績を表彰するものであるとし、1983年に制定されて以来、全世界で約140件のマイルストーンが認定されているという。東芝においては、2008年に認定された日本語ワードプロセッサ「JW-10」に続き2件目の認定となると伝えている。

 同社は、デスクトップPCの標準となっていたIBM PCと互換性を持ったラップトップPCの開発を1984年に開始し、1985年に「T1100」として欧州で発売、ラップトップPC市場の創出とその後の市場拡大を支援したとしている。「T1100」は、当時としては高解像度の液晶ディスプレイを搭載しながら、3.5インチフロッピーディスクを採用することで小型化を図り、重さ約4.1kgを達成した。また、電源管理技術を開発して8時間のバッテリ駆動とを可能にした。

 特定の机に常設されたデスクトップPCに対し、携帯性に優れたことが市場に受け入れられ、「T1100」は初年度には欧州市場を中心に1万台の販売を達成したと伝えている。翌年にはラップトップPCにHDDを搭載し、デスクトップPCで使われていた高性能CPUを用いた「T3100」を発売するなど、用途に応じて選べる商品ラインアップを構築し、米国及び日本にも展開したという。その後も、「T1100」を含む同社のラップトップPCは、拡大するPC市場をけん引し、ポータブル機器向けの関連部品産業の誕生と成長を促すとともに、情報化社会の高度な伸長を支援したと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

NextGen Firewall Xシリーズ(旧 Barracuda Firewall) 【バラクーダネットワークスジャパン】 7500台のPCを常に把握、近鉄グループの旅行会社が実践するIT資産管理術 【ディーアールエス】 企業でも導入が進む「インターネット分離」 多くの自治体が導入する製品の正体 【ジェイズ・コミュニケーション】 「デジタルトランスフォーメーション」で激変、企業とITの関係は? 【ネットワンシステムズ】 ソーシャルビッグデータを提供、2000億件が定額・無制限で使えるサービスとは? 【ネイチャーインサイト】
ファイアウォール IT資産管理 その他ネットワークセキュリティ関連 垂直統合型システム ソーシャルメディア分析
通常のL3/L4ファイアウォール機能に加え、アプリケーションとユーザの可視化・制御機能を備えたL7対応の次世代ファイアウォールアプライアンス。 7500台のPCを常に把握、近鉄グループの旅行会社が実践するIT資産管理術 企業でも導入が進む「インターネット分離」 多くの自治体が導入する製品の正体 「デジタルトランスフォーメーション」の掛け声の下、ITの活用に取り組む企業が増えている。その中で、企業とITパートナーの協力体制はどう変わるのか。識者に聞いた。 ソーシャルビッグデータを提供、2000億件が定額・無制限で使えるサービスとは?
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051432



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ