CD、Zadara Storageと提携し仮想ストレージパッケージVPSAを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CD、Zadara Storageと提携し仮想ストレージパッケージVPSAを提供


掲載日:2013/10/31


News

 コンピュータダイナミックス株式会社(CD)は、米 Zadara Storageと提携し企業向け仮想ストレージパッケージ「Zadara Storage Virtual Private Storage Array」(VPSA)の提供を開始すると発表した。

 「VPSA」は、ブロックベースのSANボリュームとファイルベースNASのボリュームを様々なサーバ及びユーザに仮想ボリュームとして提供し、5分程度の時間でユーザがSANあるいはNASを利用できる仮想ストレージシステム。

 同システムは、SANストレージの持つエンタープライズ機能と、ファイルベースのNASストレージの持つファイルアクセスや拡張性の機能をあわせ持っている統合ストレージシステムで、同パッケージのストレージプールから、サーバごとに個別に必要なバンド幅とボリュームを選択し、データ保護レベルを設定できる。また、1度構成した設定でもサーバの求めるパフォーマンスに応じて帯域の拡張や余剰時の削減、使用量に応じて容量の拡張や縮小を柔軟に行なえる。

 ハードウエアは、標準的なx 86サーバとJBODで構成されるストレージノードと称する構成を単位としていて、ストレージノードを複数台配置し、ノード間のフェールオーバーによるデータ保護やストレージノードの増設によって、パフォーマンス・容量のスケールアップ・スケールアウトを行なえる。

 ストレージ設定はDisk構成、RAIDレベル、ボリュームサイズ、ボリュームの占有や共有、仮想的コントローラ設定ではハイアベイラビリティやクラスタの設定、データサービスはスナップショット/レプリケーション/シンプロビジョニングなどの機能を利用できるほか、データセキュリティ機能としてボリュームの静止点あるいは動作点での暗号化設定、NASユーザに対してのマルチテナント機能を備えている。

 各ストレージノードには、アクセラレータ及びキャッシュとしてSSDを搭載しているほか、SSDをストレージリソースに追加して高速化することや、SSDと2種類のHDDを組み合わせたストレージの階層化を設定することもできる。また、シンプロビジョニング機能により、使用量の増大に応じて、大容量HDDを順次追加することで、効率的に増設を行なえる。

 最小構成は3台のサーバと3台のストレージ装置のシステム構成で、システムとサーバ接続のためのネットワースイッチをオプションで提供する。価格は、最小構成で1200万円から。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IT運用をなぜ自動化できないのか? 業務プロセスと解決策とは 【NTTコミュニケーションズ】 訪日客向け、ノウハウ不要で組み込める3種の観光案内機能とは 【駅探】 Hadoopをクラウドで実行すべき5つの理由 【ホートンワークスジャパン】 Hadoopはなぜ必要? 分析アーキテクチャ最適化4つのメリット 【ホートンワークスジャパン】 ビッグデータ時代の分析基盤はリアルタイム分析で好機をつかむ 【ホートンワークスジャパン】
運用系業務アウトソーシング 特定業種向けシステム データ分析ソリューション データ分析ソリューション ビッグデータ
IT運用を自動化できないのはなぜか? 成功に導く業務プロセスの特徴と解決策 訪日客向けビジネスの第一歩、ノウハウ不要で組み込める3種の観光案内機能とは Hadoopをクラウドで実行すべき5つの理由――ビッグデータ分析に向けた基本戦略 Hadoopはなぜ必要か? データ分析アーキテクチャを最適化する4つのメリット 進化が速い「Hadoop」に情シスはどう対応する? 解決の近道とは
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051416



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ