ソーシャルグループウェア、クラウド型ワークフローの英語版提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソーシャルグループウェア、クラウド型ワークフローの英語版提供


掲載日:2013/10/31


News

 株式会社ソーシャルグループウェアは、会社内での稟議精算や業務フローを見える化する、クラウド型のワークフローシステム「iWorkflow」英語版の提供を開始した。価格は、1アカウント月額3米ドル。

 「iWorkflow」は、業務フローの見える化・効率化をクラウド型で行なえるワークフローシステムで、月に1回バージョンアップされている。また、充実したOEMでの提供体制を備えているほか、ライセンスを管理する管理画面がパートナーごとに発行される。シームレスなシステム連携(パートナー向けのAPI公開やシングルサインオン)を図れるほか、サポート体制(営業・販売・電話サポートなど)も優れている。

 今回、国内に海外企業が進出してきていることや、市場として、日本に加え海外を想定すべきとの判断で、英語版が提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 1アカウント月額3米ドル

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

「電子サイン」と「電子署名」はどう違う? 業務で異なる文書変革のアプローチ 【アドビ システムズ】 サイボウズ ガルーン 4(ワークフロー) 【サイボウズ】 簡単ワークフロー X-point(エクスポイント) 【エイトレッド】 クラウド型ワークフロー「Gluegent Flow」 【グルージェント】 クラウド型作業報告システム SmartAttack 【ソフトバンク コマース&サービス】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
「電子サイン」と「電子署名」はどう違う? 業務で異なる文書変革のアプローチ 低コストかつ柔軟に構築できる、汎用性の高いワークフローシステム。グループウェアとの連携により、スピーディーかつ漏れのない申請・承認プロセスを実現する。 とにかく簡単! Webブラウザで書類を管理する斬新なスタイルのワークフロー。ノンプログラミングでWebフォームを作成できるなど、利用者の利便性を重視した。 G Suiteまたは、Microsoft Office 365の機能拡張として動作するクラウド型のワークフロー。申請・承認・決裁といった一連のワークフローを簡単な操作で行える。 スマートフォン/タブレット(iOS、Android)などを用いて、即座の現場報告&報告書自動作成を実現できるクラウドサービス。報告業務の効率化・標準化・高度化を実現。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051414


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ