SCSK、RADIUS認証サーバを教育機関向け認証連携基盤に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SCSK、RADIUS認証サーバを教育機関向け認証連携基盤に対応


掲載日:2013/10/30


News

 SCSK株式会社は、スマートデバイス対応のアプライアンス型認証サーバ「RADIUS GUARD」のオプションで、教育機関向けの認証連携基盤「Shibboleth SP」対応版の提供を11月1日に開始する。

 「Shibboleth」は、アメリカ合衆国のネットワーキングコンソーシアム「Internet2」の教育機関向けプロジェクトで、一度の認証でセキュアに複数サービスを利用できる教育機関向けのシングルサインオン(SSO)の仕組み(オープンソースミドルウェア)。「Shibboleth SP」は、「Shibboleth」を活用した認証連携で利用できる各システムやサービス。

 今回提供される、「RADIUS GUARD」の「Shibboleth SP」対応版は、学内ネットワーク用の認証サーバとして機能するほか、「Shibboleth SP」としても機能するため、「RADIUS GUARD」を利用することで、一度のログインで学内ネットワークと、「Shibboleth」連携している各種Webシステムにアクセスできる。また、無線LAN・有線LAN・VPNネットワークに対応しているため、様々な形態の学内ネットワークに適応できる。

 「RADIUS GUARD」はアプライアンス型で提供されるため、認証サーバを自前で構築することが不要で、認証サーバOSのアップデートなど、サーバを維持するためのメンテナンス作業が不要になり、自前でサーバを構築・運用する場合に比べ、導入作業や運用負担・管理コストの削減を図れる。

 「Shibboleth SP」対応版は、「RADIUS GUARD」のオプションとして販売され、「RADIUS GUARD」本体の価格は69万円(200ライセンス)から、「Shibboleth SP」対応オプション(「RADIUS GUARD」本体価格別)は200万円から。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

DigiCert SSL/TLS サーバー証明書 【ソフトバンク コマース&サービス】 従業員約20人の中小企業が、大企業並みのモバイルセキュリティを実現した理由 【日本マイクロソフト】 高水準SSLサーバ証明書 SureServer/SureServer EV 【ソフトバンク コマース&サービス】 若年顧客を呼び込んだ電子サインシステム「Adobe Sign」 【アドビ システムズ 株式会社】 手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】
認証 認証 認証 認証 認証
世界で高い実績を誇るDigiCertのSSLサーバー証明書を、国内で20年以上の経験を持つサイバートラストが提供。高い信頼性の証明書をコストや導入負荷を抑えて導入可能。 従業員約20人の中小企業が、大企業並みのモバイルセキュリティを実現した理由 世界で高い評価を受けるSSLサーバ証明書。証明書の発行にありがちな煩雑な手続きを極力省き、確かな企業審査を行った信頼性の高い証明書をスピーディに発行する。 なぜ創業290年の老舗銀行は「顧客接点のデジタル化」に踏み切ったのか サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051405


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ