Tech Fun、海外現地法人子会社をミャンマーに設立

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Tech Fun、海外現地法人子会社をミャンマーに設立


掲載日:2013/10/29


News

 Tech Fun株式会社は、ミャンマーに海外子会社を設立したと発表した。

 Tech Funは、今回の海外子会社設立の目的として2点挙げている。1つはeラーニングと集合研修を融合させたIT教育の実践で、Tech Funが保有するクラウド型eラーニングサービス「StudySmile」と日本国内で7年以上運営してきたITスクールのノウハウを融合し、安価で質の高い教育サービスを実施することにより、ミャンマーにおけるITエンジニアの裾野拡大を支援することだとしている。対象は日系企業に勤務している、または勤務を希望するミャンマー在住のミャンマー人の若手ITエンジニアだという。同社では、3年後に順次東南アジア各国(ベトナム、フィリピン、マレーシアなど)にも同サービスを導入することを視野に入れており、ミャンマーはその足がかりとする計画であると伝えている。

 2つめは日本やシンガポールで同社が受注した案件のオフショア開発拠点として稼働することで、コスト削減を図ることにより価格競争力をつけていくとともに、優秀な日本人エンジニアが駐在し、国内開発と変わらない品質を担保していくことにより、総合的な国際競争力を増していくことだとしている。特に日本国内での同社のスマートフォンアプリ開発とPHPによるWebアプリ開発のノウハウを共有することで、高生産性と高品質を両立させ、差別化を図る計画だとしている。

 子会社の商号はTech Fun Myanmar Co.,Ltd.で、所在地はヤンゴン市内、代表者は笠井 達也氏になっている。設立日は10月18日(仮営業許可日)で、事業開始時期は11月1日を予定しているという。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ビジネス変革を目指す企業が導入すべき「攻めのITインフラ」とは 【ネットワンシステムズ株式会社】 EU一般データ保護規則(GDPR)をコンプライアンス施策だけで終わらせないために 【日本アイ・ビー・エム】 166社調査で見えた無線LAN導入・運用のヒント――多くの企業がつまずいたのは? 【エヌ・ティ・ティ・データ・ジェトロニクス】 ハイブリッドクラウド時代のプロセッサはアーキテクチャで選ぶ 【インテル】 安全性とコンプライアンスを両立、先進企業4社のタッグで生まれたクラウド基盤 【インテル】
統合運用管理 その他データ分析関連 無線LAN IaaS/PaaS IaaS/PaaS
ビジネス変革を目指す企業が導入すべき「攻めのITインフラ」とは EU一般データ保護規則(GDPR)をコンプライアンス施策だけで終わらせないために 166社調査で見えた無線LAN導入・運用のヒント――多くの企業がつまずいたのは? ハイブリッドクラウド時代のプロセッサはアーキテクチャで選ぶ 安全性とコンプライアンスを両立、先進企業4社のタッグで生まれたクラウド基盤
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051348



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ