デル、3D Systemsの3Dプリンタの取り扱いを開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デル、3D Systemsの3Dプリンタの取り扱いを開始


掲載日:2013/10/29


News

 デル株式会社は、米3D Systems社の3Dプリンタ「Cube」「Cube X」シリーズ及び「ProJet x60」シリーズの取り扱いを開始したと発表した。

 今回取り扱いを開始するのは、単色出力、簡単操作のパーソナルタイプの「Cube」と、バスケットボール大の出力で、最大3色同時利用可能なパーソナル・SOHOタイプの「Cube X」、最大600万色のフルカラーでリアリティと表現色を提供するプロフェッショナルタイプの「ProJet x60」シリーズ。

 「Cube」は、最大造形サイズが高さ140mm×奥行き140mm×幅140mmで、Z方向解像度が0.2mmとなっている。マテリアルにはABS樹脂とPLA(ポリ乳酸)に対応し、カラーは、いずれも16色に対応している。データ転送方法はUSBメモリと無線LANを採用していて、本体サイズは幅260mm×奥行き260mm×高さ340mm。価格は16万8000円(税込)となっている。

 「Cube X」シリーズは、シングルヘッドの「X」、ダブルヘッド「X Duo」、トリプルヘッド「X Trio」の3モデルを用意している。いずれもZ方向解像度は0.1mmで、本体サイズは幅515mm×奥行き515mm×高さ598mmとなっている。また、データ転送方法はUSBメモリと無線LANを採用していて、マテリアルはABS樹脂とPLA(ポリ乳酸)、Disposal Natural PLAに対応していて、カラーは、ABSは17色、PLAは18色に対応している。「X」の最大造形サイズは幅275mm×奥行き265mm×高さ240mm、価格は42万7980円となっている。「X Duo」の最大造形サイズは幅230mm×奥行き265mm×高さ240mm、価格は46万8000円で、「X Trio」の最大造形サイズは幅185mm×奥行き265mm×高さ240mm、価格は53万8000円(いずれも税込)となっている。

 「ProJet x60」シリーズは、カラー64色の「ProJet 260C」、280万色以上の「ProJet 460 Plus」、600万色以上の「ProJet 660 Pro」の3モデルをラインアップしている。解像度はいずれも300×450dpi、レイヤー厚は0.1mmで、マテリアルは「VisiJet PXL」に対応している。「ProJet 260c」の造形サイズは幅236mm×奥行き185mm×高さ127mmで、本体サイズは幅74cm×奥行き79cm×高さ140cmとなっている。「ProJet 460 Plus」の造形サイズは幅203mm×奥行き254mm×高さ203mmで、本体サイズは幅122cm×奥行き79cm×高さ140cmとなっている。「ProJet 660 Pro」の造形サイズは幅254mm×奥行き381mm×高さ203mmで、本体サイズは幅188cm×74cm×145cmとなっている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ネットワーク仮想化の前に押さえるべき「アンダーレイネットワーク」の要件とは 【ジュニパーネットワークス】 今からやれば間に合う? 5ステップでできるEUの個人情報保護法「GDPR」対策 【SAS Institute Japan】 巨大ネットサービスのネットワークから考える、ネットワーク運用課題の克服 【ジュニパーネットワークス株式会社】 Junosはクラウド時代のネットワークエンジニアのための、新たな必修科目だ 【ジュニパーネットワークス株式会社】 クラウドサービスを積極的に活用するための「CASB」入門 【サイバネットシステム株式会社】
ネットワークスイッチ 検疫 データセンター運用 ネットワーク管理 ID管理
サーバやストレージに続きネットワークにも仮想化の機運が高まりつつあるが、仮想化だけでは解決できない課題もある。物理ネットワークをないがしろにすると痛い目に遭う。 今からやれば間に合う? 5ステップでできるEUの個人情報保護法「GDPR」対策 巨大ネットサービスのネットワークから考える、ネットワーク運用課題の克服 Junosはクラウド時代のネットワークエンジニアのための、新たな必修科目だ クラウドサービスを積極的に活用するための「CASB」入門
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051341



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ