NTT東日本、NTTと共同でARサポート機能に関する実証実験を開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT東日本、NTTと共同でARサポート機能に関する実証実験を開始


掲載日:2013/10/29


News

 東日本電信電話株式会社(NTT東日本)は、日本電信電話株式会社(NTT)と、NTTが開発した“ARサポート機能”に関する実証実験を10月25日から開始したと発表した。

 AR技術とは、現実の情報に付加的なデジタル情報を盛り込むことが可能な技術。

 NTTではテレビ電話とAR技術を組み合わせた“ARサポート機能”を開発したという。同機能は、スマートデバイスを用いて撮影する映像に対してAR技術を用いた図形を任意の個所に表示させることができ、映像の撮影範囲やアングルの変更に応じて、リアルタイムで指定した個所に図形を追従させることができる。また、これらの処理はクラウド上のサーバで実施するため、PC及びスマートデバイスにかかる負荷を軽減することが可能となる。

 同機能は、遠隔地にいる作業支援者から現地作業者への作業連絡・指示等が必要な業務などにおいて、リアルタイムに映像を共有しながら的確な指示を行なえることから、スキル習熟度に依存せずに専門性の高い作業を遂行でき、作業時間及び作業者の育成期間の短縮、コスト削減を図れる。

 現状の様々な作業支援・サポート業務の場において、音声通話のみでは指示・相談などの内容の相互理解に時間を要する場合があることから、今回NTT東日本では同機能に関する実証実験を実施することにしたと伝えている。

 なお、同実証実験は、同社に加え、リコーテクノシステムズ株式会社、及びパナソニック コンシューマーマーケティング株式会社の協力を得て実施されるとしている。

 NTT東日本は、ユーザインターフェースの利便性や映像品質などについて、同機能の実用性に関する評価・検証を行なうほか、新たな商用サービスの提供に向けた課題の抽出・課題解決に向けた検討などを行なうとし、NTTは、同機能の提供と、空間認識精度や同技術を用いた図形の追従性などについて、技術的課題の抽出および課題解決に向けた検討を実施すると伝えている。

 また、リコーテクノシステムズとパナソニック コンシューマーマーケティング、NTT東日本は、通信機器の保守や取扱販売店のサポートなどの自社業務において同機能を利用することで、実証実験を行なうとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

クラウドグループウェア 「サイボウズ Office」 【サイボウズ】 クラウドグループウェア 「サイボウズ ガルーン」 【サイボウズ】 メールワイズ on cybozu.com 【サイボウズ】 「サイボウズ Office」カスタムアプリ機能 【サイボウズ】 kintone 【サイボウズ】
グループウェア グループウェア その他メール関連 グループウェア ファイル共有
50000社に選ばれた定番グループウェア。ユーザ権限や部署により使用機能を柔軟に設定したり、欲しい機能をスクラッチ開発せずに追加できるカスタムアプリも活用できる。 企業内コミュニケーションの活性化を支援するクラウド型グループウェア。ユーザの使いやすさに加え、大規模環境でも臨機応変に対応できる管理性を備えている。 社内、部署内のメールを一元管理するWebメールシステム。メーリングリストやCCが不要となり、トラフィックを大幅に低減可能。また一覧画面でステータスを管理できる。 表計算ソフトなどで管理しているデータを、中堅・中小企業向けの統合グループウェア 「サイボウズ Office」上で、データベースとして活用できる機能。 「チームで使う」ことに特化したWebデータベース。用途に応じたアプリが用意されており、すぐに業務で使い始められる。
30日間無料でお試し可能。
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051339



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ