MOTEX、SBC方式に対応したシンクライアント管理ツールを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MOTEX、SBC方式に対応したシンクライアント管理ツールを発売


掲載日:2013/10/28


News

 エムオーテックス株式会社(MOTEX)は、ネットワークセキュリティツール「LanScope Cat7」で、新しいシンクライアント管理ツール「バーチャルキャット」を発売した。価格は、50ライセンス53万2800円から(保守別)。

 「バーチャルキャット」は、シトリックスのCitrix XenAppや、日本マイクロソフトのリモートデスクトップサービスのSBC方式のシンクライアント環境に対応し、従来の「LanScope Cat」でのVDI方式対応と合わせて、様々なシンクライアント環境でログを取得できる。

 SBC方式のシンクライアント環境でも、誰がいつどんな操作をしたか、どんなWebサイトを閲覧したかに加え、基幹システムやアプリケーションのID/パスワードの利用状況を把握できるほか、不正Webサイトの閲覧を禁止できる。また、XenAppサーバへの負荷を最小限に抑えて運用できる。


出荷日・発売日 2013年10月25日 発売
価格 50ライセンス53万2800円から(保守別)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合ログ管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合ログ管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合ログ管理」関連の製品

怖いのは罰金ではなく信頼失墜 GDPRで向き合うべき企業の課題とは 【Splunk Services Japan】 Logstorage(ログストレージ) 【インフォサイエンス】 事例にみる、クラウドやハイブリッド環境で価値ある情報を手に入れる方法 【Splunk Services Japan】 クライアント操作ログ管理 「MylogStar(マイログスター)」 【ラネクシー】 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは? 【Splunk Services Japan】
統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理
施行が迫るEU版個人情報保護法「GDPR」。残された時間でGDPRが求める高いレベルの個人情報保護を実現する方法はあるのか。企業の課題となるポイントを解説する。 企業内やクラウド上に分散するITシステムのログデータを自動収集、統合管理することにより、セキュリティ対策、運用負荷の軽減を実現する純国産の統合ログ管理製品。 事例にみる、クラウドやハイブリッド環境で価値ある情報を手に入れる方法 セキュリティ強化で詳細な証跡管理をおこなうにはPC操作ログが必要になる。MylogStarは物理・シンクライアント環境どちらでも高精度なログ収集力を発揮する。 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051321


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ