NEL、セキュリティモジュールでJCMVP認証レベル3を取得

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEL、セキュリティモジュールでJCMVP認証レベル3を取得


掲載日:2013/10/25


News

 NTTエレクトロニクス株式会社(NEL)は、PCI-Expressバス対応型ハードウェアセキュリティモジュール(CA740-E)において、独立行政法人情報処理推進機構が運営するJCMVP(Japan Cryptographic Module Validation Program、暗号モジュール試験及び認証制度)の暗号モジュールセキュリティレベル3を8月22日に取得したと発表した。

 「CA740-E」は、外部からの物理的、論理的な攻撃から暗号鍵などを守る耐タンパー構造を採用したセキュリティモジュールで、ユーザの電子証明書やバイナリデータなどを安全に格納できる。また、暗号処理専用回路を搭載し、暗号鍵などの重要な情報を外部に出力することなく、高速な暗号処理を可能にするという。

 JCMVPは、暗号モジュールに暗号アルゴリズムが適切に実装され、その鍵やパスワードといった重要情報が攻撃者から保護されるとともに、許可された者がいつでもその機能を確実に利用できることを、暗号モジュールのユーザが客観的に把握できるように設けられた第3者適合性評価制度。

 JCMVPの認証取得は、政府機関の製品調達において求められる情報セキュリティ対策基準“政府機関の情報セキュリティ対策のための統一技術基準(2012年度版)”(内閣官房情報セキュリティセンター策定)において、セキュリティ要求事項における遵守事項の1つとなっている。同認証によって、製品の安全性が第3者に客観的に評価され、保証されたことになり、官公庁、金融業をはじめとするユーザは、自社のシステム構築において安心して使用できるとしている。

 なお、NELの製品としては「T-Cypher GigaEther」がJCMVPの暗号モジュールセキュリティレベル2(物理的セキュリティレベル3)を2009年1月23日に取得していると伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

中堅・中小企業が選ぶべきERPは? 4つの課題から導く最適解 【日立システムズ】 8社の事例で解説、ERP導入による課題解決と経営メリット 【日立システムズ】 新人担当はどこまで知っておけばいい? ストレージ製品の実践的な提案方法 【ネットワールド】 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 【シマンテック】 ハイブリッド型 勤怠管理システム「ShiftMAX」 【KYODOU】
ERP ERP ストレージ仮想化 認証 勤怠管理システム
中堅・中小企業が選ぶべきERPは? 4つの課題から導く最適解 8社の事例で解説、ERP導入による課題解決と経営メリット 新人担当はどこまで知っておけばいい? ストレージ製品の実践的な提案方法 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 Excelから直接クラウドサービスに接続し、シフト管理、勤怠管理が行えるハイブリッド型のシステム。会社ごとに異なる勤務形態にも柔軟に対応できる。
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051278



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ